休養、睡眠

【眠る投資】ハーバードが教える『究極の眠る投資』とは

 

サプリメントより『睡眠』に投資せよ

 

この記事を読むと分かること

•『睡眠投資』が最強の投資といわれれる理由

•『究極の眠る投資』の具体的なやり方

 

趣味筋肉
こんなことが分かる記事を書きました。

この記事は、眠る投資~ハーバードが教える世界最高の睡眠法~という、Amazonベストセラーにもなっている書籍を参考にしています。

 

全米睡眠協会では、1日に”9時間の睡眠”を推奨しています。

フランス人の平均睡眠時間は「8.7時間」、アメリカ人の平均睡眠時間は「7.5時間」

そして、日本人の平均睡眠時間は「6時間半」、さらに6時間未満の割合は「40%」

 

日本人は、”睡眠偏差値が世界一低い”と言われています。

 

あなたは毎日、眠れていますか?

この記事を読んで睡眠を改善することができれば、他の人との「差」をつけることができ、あなたもきっと何者かになれます。

 

『睡眠投資』が最も効率のよい最強の投資

 

睡眠投資が最も効率がよいと理由は、『サプリメントよりも費用対効果が高いこと』です。

さらに、睡眠は毎日行うものなので、改善すればすぐに効果を実感できます。

 

サプリメントは健康補助食品であり、お金もかかります。

そもそも「睡眠」自体を改善してしまえば、サプリメントにお金を掛ける必要なんてありません。

 

睡眠不足の状態が続くと、「負のスパイラル」に陥ってしまいます。

睡眠不足 → 食欲低下 → 疲労感 → 仕事でミス → 睡眠不足…

 

睡眠投資をすることにより睡眠が改善され、パフォーマンスも向上し「負のスパイラル」から抜け出すことができます!

 

毎日行う睡眠は「積み立て投資」

 

「睡眠」は、誰しもが毎日6〜8時間は行なっています。

人生の3分の1は「睡眠の時間」ですので、この時間に投資しないのは”もったいない”です。

 

そして、毎日行う睡眠は「積み立て投資」と同じで、長期間継続することに意味があります。

 

睡眠投資の効果は、1日2日だけではなく、1ヶ月、2ヶ月、半年と長期間になればなるほど効果は大きくなります。

なぜなら、「あらゆる病気」は睡眠不足が原因だからです。

 

「あらゆる病気」は睡眠不足が原因

 

睡眠には『脳を休める、体の炎症を抑える』効果があります。

動脈硬化、糖尿病、腎臓病などの生活習慣病や病気の多くは、「炎症」からきています。

 

『睡眠投資』を行うことにより下記のような効果を得ることができます。

短期的には、『心身を安定させ昼の生産性を高める』

長期的には、『生活習慣病や認知症の予防になり、健康寿命を伸ばす効果』

 

人生100年時代と言われる現代において、「健康」は「資産」ともいえます。

『睡眠投資』を始めるのは、早ければ早いほど良いです。

 

今日が一番若い日ですので、この記事を読んでるこの瞬間から睡眠投資を始めましょう。

 

今から睡眠に投資することによって、「未来の健康資産」をためることができ、「人生100年時代」を豊かに生きていくことが可能になります。

 

ハーバードが教える『究極の眠る投資』

 

ここからは、ハーバードが教える『究極の眠る投資』を紹介していきます。

 

「朝」「昼」「夕方」「夜」のそれぞれ、やるべき睡眠投資があります。

今日から全てを実行するのは難しいので、取り入れられるものから実践していきましょう!

 

「朝」にやるべき睡眠投資

 

「朝」にやるべき睡眠投資は、『1,000〜2,500ルクスの強い光を浴びること』です。

 

朝に強い光を浴びることで、脳に朝がやってきたと知らせることができ「脳が覚醒状態」になります。

夜眠るために必要な「メラトニン」の前駆体である「セロトニン」の分泌も促進されます。

 

毎朝、太陽の光に5分程度当たるようにしましょう。

・「窓際で歯磨きをする」

・「ガーデニング」

・「バルコニーで朝食」など

 

曇りで太陽が出ていないときは、「室内の灯り」も1,000ルクスくらいあるので良いでしょう。

スマホやパソコンなどの電子機器の光も効果的です。

 

「昼」にやるべき睡眠投資

 

「昼」にやるべき睡眠投資は、『生理的に眠くなる時間を利用した「計画仮眠」』です。

 

起床してから”7〜8時間後の時間帯”は、生理的に眠くなる時間帯になります。

この時間帯に無理して作業をしても、生産性が落ちるので、「脳の回復の時間」にしましょう。

 

✔︎『計画仮眠のポイント』

• 仮眠の時間は「10〜15分」

• 眠れない場合は、目を閉じるだけでも効果がある

• 椅子に座ったまま、うつ伏せになる

• カフェインを摂取してから行う

• 眠くなる前に行う

 

「夕方」にやるべき睡眠投資

 

「夕方」にやるべき睡眠投資は、『深部体温が高い状態での「運動」』です。

深部体温が高い状態だと、覚醒状態なのでパフォーマンス能力も向上します。

 

夕方になると、体の内部の「深部体温」がピークの状態になります。

「夕方」の時間に運動をして深部体温をさらに上昇させると、夜の眠りをより深くすることができるのです。

※夕方に「深部体温」を上げておけば、その反動で夜に「深部体温」を下げることができ睡眠を深くすることができる

 

逆に夕方、帰りの電車などで寝てしまうと、深部体温が下がり、夜の睡眠の質を低下してしまいます。

ですので、帰りの電車で眠ることは絶対にNGです。

 

ジムでのトレーニング、15分程度の早歩き、階段を利用するなど、「夕方」の時間帯は、積極的に筋肉を使うようにしましょう!

 

「夜」にやるべき睡眠投資

 

「夜」にやるべき睡眠投資は、『寝る2時間前から、電子機器や照明などの灯りをなるべく使わない』です。

 

睡眠の1時間〜2時間前に湯船に浸かることが、睡眠の質を向上させるのは有名ですよね。

その睡眠の2時間前の入浴のとき、脱衣所の電気だけ点けて、浴室の電気を消して入浴すると「寝る準備」ができ効果的です。

 

そして、眠れないと感じたら一度ベッドから出るようにしましょう。

無理して横になっているよりも、眠気がきたら寝るほうが睡眠の質は向上します。

 

眠れないときは、『なるべく灯りを最小限にして読書をする』などして、睡眠圧が上がってきたら眠るようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、眠る投資~ハーバードが教える世界最高の睡眠法~を参考にコスパ最強の『睡眠投資』について解説しました。

睡眠投資を行うことで、他の人との「差」をつけることができ、あなたもきっと何者かになれます。

 

「朝」「昼」「夕方」「夜」のそれぞれ、やるべき睡眠投資

ぜひ、今日から実践してみてください!

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

この記事が、あなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

 

✔︎『筋トレ初心者が知らなきゃ損する“3つ“の真実』

キクティーさん」の公式ライン登録にて、「筋トレ初心者が知らなきゃ損する3つの真実」解説動画を無料でゲットできます!

詳しくは、下記の記事をご覧ください!

「筋トレ初心者が知らなきゃ損する3つの真実」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

『筋トレは人生を豊かにするための1つのツール』 サラリーマン(9年目)筋肉(6年目) 筋肉仲間に向けて始めた、筋肉リテラシーを上げるためのブログを毎日更新中! JBBF2019フィジークでは雰囲気とポージングで”県大会2位”になりました。

-休養、睡眠
-,

© 2021 『趣味筋肉ブログ』 Powered by AFFINGER5