栄養学

『野菜ジュース』は栄養がない?!野菜ジュースを買わない方が良い理由

 

「野菜」や「サラダ」の代わりに『野菜ジュース』を買っている人

純粋に好きで飲んでるならいいですが、

1日分栄養れる“と思って飲んでいるなら“愚か“です。

 

 

✔︎ この記事を読むと分かること

・『野菜ジュース』では“1日分栄養“が摂れない理由

・『野菜ジュース』は“買わない方が良い“理由

栄養摂取で飲むなら『マルチビタミン』の方が良い

こんな人には『野菜ジュース』がオススメ

 

『野菜ジュース』では1日分の栄養は摂れません

『1日分の野菜 200ml』

『1日分の野菜 紙パック 200ml』

商品特徴:製品1本当たり、厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量350g分を使用した野菜汁100%飲料です。

 

みなさんがよく知っている『野菜ジュース』です。

 

1日分野菜使用している」とは書いてありますが、

1日分栄養が摂れる」とは書いてありません。

※どこのメーカーでも同じです。

 

野菜ジュースを買わない方が良い理由

 

・(1)“1日分栄養“が摂れる訳ではない

・(2)“加工“の段階で栄養が減っている

・(3)糖質などの“カロリー“が高い

・(4)栄養摂取を目的に摂るには“コスパ“が悪い

 

(1)1日分の“栄養“が摂れる訳ではない

・1日分の野菜を使用しているだけで、1日分の栄養が摂れている訳ではない

・野菜に求める栄養の「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」の含有量が少ない

 

(2)“加工“の段階で栄養が減っている

・野菜を搾汁したり、加熱をなど加工の段階で「ビタミンC」や「食物繊維」などの栄養は減少している

 

(3)糖質などの“カロリー“が高い

・炭水化物:16.8g

・エネルギー:74kcal

・「野菜ジュースは身体に良いから」といって、飲み過ぎればカロリーオーバーになる

 

(4)栄養摂取を目的に摂るには“コスパ“が悪い

・摂取できる栄養素の「種類」も「含有量」も少ない

・この栄養で1本100円、1ヶ月で3,000円は高すぎる

 

『野菜ジュース』は栄養がない?!

 

野菜ジュースに求める栄養は、

「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」です。

 

“加工の段階“で「ビタミン」や「食物繊維」などの栄養は減ってしまいます。

カルシウムやカリウムなどの「ミネラル」や、野菜の色素である「カロテノイド」には影響がありません。

 

しかし、そもそも野菜ジュースは“栄養の含有量が少ない“のです。

毎日の“栄養摂取“の観点で見ると、明らかに栄養の含有量が足りません。

 

野菜ジュースの栄養成分

『野菜ジュース』の栄養成分

糖質 15.2g 糖類 12.3g 食物繊維 0.9~3.1g

食塩相当量 0.03~0.56g

・ビタミンA:548~1309μg

・ビタミンC:60~158mg

・ビタミンE:1.1~4.8mg

・ビタミンK:1~14μg

・葉酸:10~116μg

・亜鉛:0.1~0.6mg

・カリウム:655mg

・カルシウム:135mg

・鉄:0.2~1.6mg

・マグネシウム:45mg

・β-カロテン:5432~11774μg

・リコピン:16mg

 

野菜ジュースには「ビタミンB群」や「ビタミンD」などのビタミンが含まれていません。

含有量もめちゃめちゃ少なく、“安定した量“の栄養が摂れません。

これだけでは、1日分の栄養として少なすぎます。

 

栄養摂取を目的に飲むなら

野菜ジュースよりも『マルチビタミン』がオススメです!

 

栄養摂取が目的なら『マルチビタミン』を摂ろう!

 

『マルチビタミン』がオススメ理由

・栄養素の“種類“が多い

・栄養の“含有量“が多い

・1ヶ月分で1,500〜2,000円と“コスパ“が良い

・“安定“して栄養が摂れる

 

マルチビタミンの栄養成分

 

サービングのサイズ: 2カプセル
容器ごとのサービング: 30
  1回あたりの量 デイリーバリュー%
ビタミンA(ベータカロチン、酢酸塩として)(5,000 IU) 1500 mcg ^ 167%
ビタミンC(アスコルビン酸、カルシウムおよびナイアシンアミドアスコルベートとして) 470 mg 500%
ビタミンD 3(コレカルシフェロールとして)(2,000 IU) 50 mcg 250%
ビタミンE(D-αトコフェロールサクシネート、D-αトコフェロールとして) 67 mg 447%
チアミン(ビタミンB1)(チアミンHClとして) 75 mg 6250%
リボフラビン(ビタミンB2)(リボフラビン、リボフラビンとして 50 mg 3846%
ナイアシン(ナイアシンアミド、ナイアシンアミドアスコルベートとして) 50 mg• 313%
ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩、ピリドキサール塩酸塩、ホルダー - リン酸塩) 75 mg 4412%
葉酸(L-5-メチルテトラヒドロ葉酸カルシウム塩として) 400 mcg° 100%
ビタミンB 12(メチルコバラミンとして) 300 mcg 12500%
ビオチン 300 mcg 1000%
パントテン酸(D-カルシウムパントテン酸カルシウムとして) 50 mg 1000%
ヨウ素(ヨウ化カリウムとして) 150 mcg 100%
マグネシウム(酸化マグネシウムとして) 100 mg 24%
亜鉛(クエン酸亜鉛、L-OptiZinc亜鉛モノ-L-メチオニン硫酸塩として) 25 mg 227%
セレン[亜セレン酸ナトリウムとして、SelenoExcell高セレン酵母、Se-メチルL-セレノシステイン] 200 mcg 364%
マンガン(クエン酸マンガン、グルコン酸塩として) 2 mg 87%
クロム[Capros amla抽出物(フルーツ)で安定化させたCrominex 3+クロム、PrimaVie Shilajit] 200 mcg 571%
モリブデン(モリブデンアミノ酸キレートとして) 100 mcg 222%
イノシトール 50 mg **
アルファリポ酸 25 mg **
天然混合トコフェロール(ガンマ、デルタ、アルファ、ベータを提供) 20 mg **
バイオケルセチンフィトソーム(5 mgケルセチン(日本のora濃縮物(花芽)由来)、ホスファチジルコリン複合体(ひまわり由来)) 15 mg **
マリーゴールドエキス(花)[std。 5 mgトランスルテイン、155 mcgトランスゼアキサンチン] 11.12 mg **
アピゲニン 5 mg **
ホウ素(ホウ素アミノ酸キレートとして) 3 mg **
リコピン[LycoBeads天然トマトエキス(果実)から] 1 mg **

 

『野菜ジュース』と『マルチビタミン』の比較

 

栄養成分

野菜ジュース

マルチビタミン

倍率

ビタミンA

548~1309μg

1500mcg

1.1〜3

ビタミンC

60~158mg

470mg

3〜7.8

ビタミンE

1.1~4.8mg

67mg

13〜60

ビタミンK

1~14μg

なし

 

葉酸

10~116μg

400mcg

3〜40倍

亜鉛

0.1~0.6mg

25mg

41〜250

カリウム

655mg

なし

 

カルシウム

135mg

なし

 

0.2~1.6mg

なし

 

マグネシウム

45mg

100mg

2.2

ベータカロテン

5432~11774μg

なし

 

リコピン

16mg

1mg

16分の1

 

・野菜ジュースにしか含まれない栄養素もありますが、“ほんとに少量“

・野菜ジュースの“何十倍“もマルチビタミンの方が“含有量が多い“

・「ビタミンB群」や「ビタミンD」など、“マルチビタミンにしか含まれない“栄養素もたくさんある

 

『マルチビタミン』の方が“栄養の含有量“も多いし、“価格も安く“コスパが良い!

 

こんな人は『野菜ジュース』がオススメ

 

栄養摂取として『野菜ジュース』を飲んでるなら“愚か“です。

ですが、こんな人には野菜ジュースはオススメできます。

 

・純粋に“野菜ジュースが好き“な人

・“出先“などで野菜ジュースしか栄養摂取の選択肢がない場合

・サプリメントはどうしても摂りたくない

・“気休め“として飲んでいる

 

このような目的で『野菜ジュース』を飲んでいるなら、全然ありだと思います。

 

まとめ

まとめ

・『野菜ジュース』は1日分の野菜を使っているだけで、1日分の栄養が摂れるわけではない

・栄養摂取が目的なら『マルチビタミン』がおすすめ

・『野菜ジュース』が好きで飲むなら全然あり

・『野菜ジュース』を栄養摂取が目的で飲むのは“愚か“

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-栄養学
-,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5