筋肉用語

「マッスルコントロール」とは

「マッスルコントロール」

この言葉は筋トレをしてる人なら聞いたことがあると思います。

代表的なのは「胸ピク」です

「背中を広げて逆三角形を作る」のもマッスルコントロールです。

見たことや、聞いたことはあるけど出来ないという人は多いと思います。

今日はマッスルコントロールができるようになるにはどうすれば良いのか

マッスルコントロールができるメリットを紹介します。

[ad]

「マッスルコントロール」とは

「マッスルコントロール」はボディビル用語です。

「マッスル」=筋肉

「コントロール」=制御

自分が動かしたい筋肉をコントロールして、自在に動かすことです。

みなさんも見たことあると思いますが、胸をピクピク動かす「胸ピク」が代表的なマッスルコントロールです。練習すれば、「肩甲骨を自在に動かしたり」「肩ピク」なんかもできるようになります。

「マッスルコントロール」を習得するには

「マッスルコントロール」は習得に時間がかかります。

赤ちゃんが手を動かせるようになるのと同じです。

赤ちゃんは生まれた時は手を動かすことができませんが、手をじーっと見て、動かそうと練習して親指や人差し指を動かすことができるようになります。

動かすことができたと認識することで頭の中に1つの動きが構築され、脳の機能が出来上がっていくそうです。

マッスルコントロール」も同じです。

胸を動かそうと練習して、少しずつ「胸ピク」ができるようになります。

鏡を見て毎日動かす練習をしましょう。

◎ 結論、「マッスルコントロール」は練習するしかない

「マッスルコントロール」ができるメリット

  1. ポージングが上手くなる
  2. 筋トレの効果がめちゃくちゃ上がる
  3. 職場などで人気者になれる

1、ポージングが上手くなる

例えば、背中の「マッスルコントロール」ができるようになれば「逆三角形」のかっこいいポージングをすることができます。綺麗なかっこいいポージングには「マッスルコントロール」が重要です。

2、筋トレの効果がめちゃくちゃ上がる

「マッスルコントロール」ができれば、狙った筋肉に大きな負荷を与えることができます。「マッスルコントロール」ができる部位は発達が良いです。全身の筋肉を自在に動かせるよう練習しましょう。

3、職場などで人気者になれる

「胸ピク」ができるだけで特別扱いされます。「胸ピク」をしていて「何してんの?笑」と言われたら「マッチョの貧乏ゆすりです」と言えば爆笑が取れます。「逆三角形」のポージングをすれば、トイレのマークやんと言われます。

◎ 結論「マッスルコントロール」は習得した方が良い

[ad]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-筋肉用語
-, , , , ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5