筋肉用語

筋トレで使う「腹圧」とは何か?

こんにちは、趣味筋肉です💪

スクワットやデッドリフトなどのトレーニングをしている人は「腹圧」が大事と聞いたことあると思います。

筋トレのとき「腹圧」はしっかりかけているという人でも間違った方法でやっている人もいます。

そもそも「腹圧ってなんやねん」という人もいると思います。

筋トレを始めて最初のうちに壁がいくつかありますが「腹圧」もその一つです。

トレーニング中に動作が安定しない人や、腰に痛みがある人は「腹圧」を理解しましょう。

今日は筋トレするなら理解した方が良い「腹圧」について解説します。

[ad]

「腹圧」とは何か?

腹圧とは → 正式名称は「腹腔内圧」と言います。

腹腔(ふっくう)」は横隔膜の下にある内臓を囲う空間(要するにお腹の中)で、そこの内部の圧力のことを「腹腔内圧(腹圧)」と言います。

腹圧のかけ方

「腹腔」(お腹の中)に対して圧力をかけます。

これはお腹をへこませて腹筋に力を入れることではありません。

「腹圧」=腹筋ではありません。

お腹を膨らませた風船みたいな感じにします。

大事なことは「息を吸うこと」です。

息を吸うと「横隔膜(肋骨の上から7本目くらいのとこから下にあります)」が下がります。そうすることにより上から下に圧力がかかり「腹腔」に圧力がかかります。

このままでは上からの圧力が前後左右、下方向に逃げてしまいます。

なので腹筋や背筋、お尻の筋肉を固めて圧力を逃さないようにします。

内側から外側に圧をかけてお腹をパンパン張らせるのです。

空気を肺ではなく、お腹にためます。

トレーニングベルトを使うと「腹圧」をかけやすくなります。

腹圧の効果

主に筋トレによる怪我の防止と、パフォーマンスの向上です。

腹圧を高めることにより脊柱起立筋が安定して動作が安定します。これにより怪我のリスクが減ります。

動作が安定すればパフォーマンス(使用重量)も上がります。パフォーマンスが上がれば筋肉に大きな負荷を与えられるので、筋肥大に効果的です。

大事なとこ

  • 「腹圧」をかける=腹筋を固めることではない
  • 息を吸ってお腹をパンパンに張らせて、腹筋、背筋、お尻の筋肉を固める
  • 筋トレによる怪我の防止になる
  • 筋トレのパフォーマンスが向上する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!

-筋肉用語
-, , , , , ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5