トレーニング

筋肉用語「ポジティブ」と「ネガティブ」を簡単に解説!

 

『筋肉用語を学ぼう!』

 

この記事で解決できるお悩み

✔︎「ポジティブ動作」と「ネガティブ動作」ってなに?

✔︎ そのほかの動作「アイソメトリック」とは?

 

趣味筋肉
こんな悩みを解決できる記事を書きました。

この記事は、東京大学教授、理学博士の”石井直方”氏の『筋肉まるわかり大事典』を参考にしています!

 

この記事では、『筋トレで使う”3種類の動作”』をかんたんに解説しています。

筋肉用語を学んで、筋肉リテラシーを上げちゃいましょう!!

 

筋肉用語「ポジティブ」と「ネガティブ」を簡単に解説!

 

ダンベルを持ち上げたり、ゆっくり下ろしたりするときには、筋肉が力を発揮しています。

この『筋肉が力を発揮しているタイミング』によって、「動作の名称」も変わるのです。

 

そして、筋肉が力を発揮する動作の名称には”3種類”あります。

 

✔︎『3種類の筋肉の動作』

•(1)「ポジティブ動作(コンセントリック)

•(2)「ネガティブ動作(エキセントリック)」

•(3)「アイソメトリック」

 

「ポジティブ」と「ネガティブ」から簡単に解説していきますね。

 

(1)「ポジティブ動作(コンセントリック)」

ポジティブ動作を一言で説明すると、『ダンベルを持ち上げるときの動作』です。

 

正式には「コンセントリック」といいます。

筋肉が『力を発揮しながら、短くなるときの動作』のことです。

 

日本語では「短縮性動作」または「短縮性収縮」と呼ばれています。

 

ポイント

筋肉をモーターとして働かせるのが「コンセントリック(ポジティブ)」

 

(2)「ネガティブ動作(エキセントリック)」

ネガティブ動作を一言で説明すると、『ダンベルをゆっくり下ろすときの動作』です。

 

正式には「エキセントリック」といいます。

筋肉が『力を発揮しながら、引き伸ばされるときの動作』のことです。

 

日本語では「伸張性動作」または「伸張性収縮」と呼ばれています。

 

ブレーキを掛けながら、ダンベルをゆっくり下ろすのは「ネガティブ」です。

 

ポイント

筋肉を”ブレーキとして働かせる”のが「エキセントリック(ネガティブ)」

 

「アイソメトリック」とは

 

アイソメトリックを一言で説明すると、『動作はないけど、筋肉は力を発揮している状態』のことです。

 

「アイソ」は”等しい”という意味で、「メトリック」は”長さ”という意味。

つまり、『筋肉は収縮して力を発揮しているが、筋肉の長さは等しい状態』のことです。

 

上記の写真の、腹筋を鍛える種目「プランク」は、アイソメトリックですね。

 

アイソメトリックでも筋肥大できる!?

アイソメトリック・トレーニングは、1970年代にドイツの”ヘッティンガー”が本にして、世界的なベストセラーになりました。

 

『時間もスペースも取らない、関節を怪我していても行えるトレーニング』ということで、当時としては画期的なものでした。

 

アイソメトリック・トレーニングのやり方

たとえば、胸の前で拝むように手を合わせて、左右から力を加える。

これだけで大胸筋のトレーニングになる。

最大筋力に近い筋力を、6〜7秒ほど持続的に発揮できれば、筋力は十分に高まる。

つまり、アイソメトリックは筋力の向上、筋肉を太くする刺激にもなる

 

ちなみに「高重量のスクワットをやれば、腹筋もデカくなる」といわれているのは、アイソメトリックが関係しているからです。

 

アイソメトリックの「デメリット」

アイソメトリックでも、筋肉は成長するといいましたがデメリットもあります。

 

✔︎『アイソメトリックのデメリット』

• ダンベルやバーベルを使ったトレーニングよりも効果が低い

• 循環器系に強いストレスがかかるので、血圧が上昇する

• 2〜3秒でやめてしまうと、効果がない

 

趣味筋肉
怪我をしている人、器具を使ってトレーニングができないという人でなければ、わざわざアイソメトリックトレーニングを行うメリットはないでしょう。

 

まとめ

 

「ポジティブ」と「ネガティブ」、そして「アイソメトリック」の違いを理解できましたか?

 

最後に、簡単にまとめておきます。

まとめ

• ダンベルを持ち上げるときの動作が「ポジティブ(コンセントリック)」

• ダンベルをゆっくり下ろすときの動作が「ネガティブ(エキセントリック)」

• 動きはないけど筋肉は力を発揮している状態を「アイソメトリック

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が、あなたのお役に立てたのなら幸いです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!

-トレーニング
-, ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5