トレーニング

「ネガティブ動作」が筋トレの効果を向上させる!?

 

ネガティブ動作が『筋肥大を加速させる』

 

この記事で解決できるお悩み

✔︎ ネガティブ動作が筋トレの効果を上げる理由をおしえて!

✔︎ ネガティブトレーニングに弱点ってあるの?

 

趣味筋肉
こんな悩みを解決できる記事を書きました。

この記事は、東京大学教授、理学博士の”石井直方”氏の『筋肉まるわかり大事典』を参考にしています!

 

この記事を読めば、『ネガティブ動作が筋トレの効果を上げる理由』をサクッと理解できます!

「ネガティブ動作」を理解して、明日の筋トレからネガティブトレーニングを取り入れていきましょう!

 

「ネガティブ動作」が筋トレの効果を向上させる!?

 

結論から言うと、ネガティブ動作は、筋トレの効果を向上させます。

なぜなら、ポジティブ動作よりも『重い重量を扱うことができ、短時間で筋肉に強い刺激を与えることができる』からです。

 

ネガティブ動作とは、筋肉が『力を発揮しながら、引き伸ばされるときの動作』のことです。

ダンベルを下ろすときの動作を思い浮かべてください。

 

対して、ポジティブ動作は、筋肉が『力を発揮しながら、短くなるときの動作』のことです。

ダンベルを持ち上げるときの動作を思い浮かべてください。

 

ネガティブ動作は、ポジティブ動作と比べて「120%〜140%」ほど重い重量を扱うことができます。

 

それでは、ネガティブ動作について詳しく解説していきます。

 

サイズが大きくなるのは「速筋繊維」

まずは、筋肉の種類について知っておきましょう!

筋肉には大きく分けて「速筋繊維」「遅筋繊維」の2種類があります。

 

速筋繊維の特徴

速筋繊維(白い筋肉)は、『瞬発系の大きい力』を発揮できる

しかし、スタミナがない。

筋トレをして『サイズが大きくなりやすい』のは、速筋繊維

陸上の短距離選手は、速筋線維の割合が多いので、体格のいい人が多い。

 

遅筋繊維の特徴

遅筋繊維(赤い筋肉)は、『持久力のある』筋肉である

その分、発揮できる力は小さい。

筋トレをしても、遅筋繊維のサイズは大きくなりづらい

マラソン選手は、遅筋繊維の割合が多いので、細身の人が多い。

 

『太くなる筋肉は速筋繊維??「速筋繊維」と「遅筋繊維」の特徴』はこちら

 

ネガティブ動作では「速筋繊維」が優先的に使われる

筋肉が力を発揮するときは、基本的には「遅筋繊維」から使われます。

そして、大きい力が必要になったら「速筋繊維」を使うのです。

 

これを「サイズの原理」といいます。

 

普通に筋トレをしていれば「サイズの原理」が働き、速筋繊維はあとから使われることになります。

ですが「ネガティブ動作」では、『優先的に速筋繊維が使われる』のです。

 

ですので、ネガティブ動作は『重い重量を扱うことができ、短時間で筋肉に強い刺激を与えることができる』のです。

 

ネガティブ動作のやりすぎには注意

 

ネガティブ動作は、サイズの原理を無視して、優先的に速筋繊維を使います。

そのため、筋肉への刺激が強すぎて「オーバートレーニング」になる恐れがあるので注意が必要です。

 

筋肉への刺激が強いということは、それだけ筋肥大に効果的といえます。

ですが、ネガティブトレーニングは、筋肥大の効果は高いが怪我のリスクも上がる、諸刃の剣です。

ドラゴンボールでいうと「界王拳」みたいなものです。

 

上手に取り入れることができれば、筋肥大には効果的なので、ぜひ自分にあったやり方を探してみてください。

 

まとめ

 

「ネガティブ動作」が、筋肥大に効果的である理由は理解できましたか?

 

最後に、簡単にまとめておきます。

まとめ

• ネガティブ動作は「サイズの原理」を無視して、速筋繊維を優先的に使うことができる

• サイズが大きくなりやすいのは「速筋繊維

• ネガティブ動作は「オーバートレーニング」になりやすいので注意が必要

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が、あなたのお役に立つことができたなら幸いです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-トレーニング
-, ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5