トレーニング

ジャンプ力を高めたいなら「スクワット」をやれ!

 

スクワットは『キングオブエクササイズ』

 

この記事で解決できるお悩み

✔︎「ジャンプ力」を上げる方法を教えて!

✔︎「スクワット」がジャンプ力を高めるってホント?

✔︎ 努力で何cmくらいまでジャンプできるようになるの?

 

趣味筋肉
こんな悩みを解決できる記事を書きました。

この記事は、東京大学教授、理学博士の”石井直方”氏の『筋肉まるわかり大事典』を参考にしています!

 

ジャンプ力は、鍛えかた次第で誰でも高めることができます。

この記事を最後まで読んで、『ジャンプ力を高める方法』を理解しちゃってください!

 

ジャンプ力を高めたいなら「スクワット」をやれ!

 

「ジャンプ力を高めるためには、どうしたらいいのか?」

この問題を解決するために、かなり昔からたくさんの研究が行われています。

 

今回は、『ジャンプ力を高めるトレーニングの研究を”2つ”』紹介します。

 

「ひたすらジャンプ」が効果的

若い人を集め、3つのグループに分けて行った実験です。

それぞれ異なったトレーニングを3ヶ月継続させる、という方法で行いました。

 

グループA:「垂直跳び」のみ

グループB:バーベルを担ぐ「スクワット」のみ

グループC:地面に対して最大の力を出す「アイソメトリック・トレーニング」のみ

 

3ヶ月後、ジャンプ力が1番伸びたのは『グループAの”垂直跳び”のみ』のグループでした。

つまり、ジャンプ力を高めるなら『ひたすらジャンプをするのがベスト』ということになります。

 

しかし、これだと”つまらない”ですよね?

ということで、他の実験も紹介します。

 

「ジャンプ+スクワット」が1番ジャンプ力を高める

この実験も、3つのグループに分けて行いました。

 

グループA:「ひたすらジャンプ」だけ

グループB:「ジャンプスクワット

グループC:「ジャンプアイソメトリック・トレーニング

 

この実験で、最もジャンプ力が伸びたのは、グループBの『ジャンプ+スクワット』でした。

 

つまり、トレーニングを1つだけしか選べないなら「ひたすらジャンプ」

ですが、1番効果的なのは「ジャンプ+スクワット」などの”複合トレーニング”ということになります。

 

さらに決定的にジャンプ力を伸ばす「プライオメトリック」

 

上記で、ジャンプ力を高める1番効果的な方法は「複合トレーニング」だと解説しました。

 

ですが、さらにジャンプ力を伸ばしたいなら「プライオメトリック・トレーニング」が最も有効です。

 

「プライオメトリック・トレーニング」とは?

 

「プライオメトリック・トレーニング」とは、『筋肉が収縮する前に素早く伸張すると、より大きな力が発揮される』という効果を利用したトレーニングです。

伸び縮みすることにより力を発揮する、「ゴム」をイメージしてもらうと分かりすいですかね。

※伸張-短縮サイクル(Stretch-Shortening Cycle・・・SSC)トレーニングとも呼ばれます。

 

たとえば、台の上から飛び降りてすぐにジャンプする「デプスジャンプ」がこれに当たります。

筋肉をギュっと引き伸ばして、パッと短縮させるトレーニングを繰り返すことで、筋肉にブースターをつけるイメージです。

 

筋肉にブースターをつける「プラオメトリック・トレーニング」は、ジャンプ力を高めるのに効果的ということですね!

 

ジャンプ力には「限界」がある?!

「プライオメトリック・トレーニング」がブースターをつけるとはいえ、当然ジャンプ力が無制限に伸びていくわけではありません。

 

バイオメカニクスの分野では、ヒトのジャンプ力の平均値は「60cm」といわれています。

世界最高記録は「160cm」です。

この数値は、とんでもない遺伝子が成せる数値なので、普通の人は「100cmくらいが限界」だといわれています。

 

「100cm」が限界ですが、計算上、「80cm」くらいなら鍛えれば誰でも飛べる高さです。

「できるだけ高く飛びたい!」という人は、80cmを目指して頑張ってみてください!

 

ちなみに、”石井直方”氏の計算によると、『一般体型の人が「1mジャンプ」するためには、地面を押す力が両足で「600kg」必要』とのことです。

 

まとめ

 

「ジャンプ力を上げるトレーニング方法」は、理解できましたか?

ジャンプ力を高めたい人は、ぜひ明日から「スクワット」や「プライオメトリック・トレーニング」を実践してみてください!

 

それでは、最後に簡単にまとめておきます。

まとめ

• ジャンプ力を高めるには「ジャンプ+スクワット」などの「複合トレーニング」が効果的

• さらにジャンプ力を高めたい人は「プライオメトリック・トレーニング」を行うとよい

• 垂直跳び「80cm」なら、誰でも目指せる数値

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が、あなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

『筋トレは人生を豊かにするための1つのツール』 サラリーマン(9年目)筋肉(6年目) 筋肉仲間に向けて始めた、筋肉リテラシーを上げるためのブログを毎日更新中! JBBF2019フィジークでは雰囲気とポージングで”県大会2位”になりました。

-トレーニング
-, ,

© 2021 『趣味筋肉ブログ』 Powered by AFFINGER5