健康 栄養学

お酒の強さは「遺伝」で決まる?!自分で行うアルコール耐性の検査方法を紹介!

 

蛙の子は蛙

酒豪の子酒豪

 

この記事を読むと分かること

  • アルコールの「代謝経路」を詳しく解説
  • お酒の「許容量」ってどのくらいなの?
  • アルコールの分解能力は「遺伝」で決まるのか?
  • アルコール耐性の検査方法

 

趣味筋肉
こんなことが分かる記事を書きました。

筋トレ6年目、2019年JBBFメンズフィジークでは”県2位”

オンラインサロンやセミナー、書籍、論文などで「栄養学」を学んでいる、栄養オタクトレーニーです。

 

「お酒は、飲めば飲むほど強くなる」

このような言葉を聞いたことありませんか?

 

しかし、この考え方は間違っています

お酒の耐性がない人は、どれだけ飲んでも強くなることはありません。

 

なぜなら、お酒を分解する能力は「遺伝で決まっている」からです。

 

この記事を読めば、お酒が飲める・飲めないは「遺伝で決まっている理由」を知ることができます。

 

記事の最後で「自分で行えるアルコール耐性の検査方法」も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでください!

 

※ 1993年に発表された下記の論文を参考にしています。

「アルコールおよびアルデヒドデヒドロゲナーゼの遺伝子多型とアルコール代謝への影響」

 

アルコールは最終的に「水」と「二酸化炭素」になる!?

 

お酒を飲めるか・飲めないかは「遺伝」で決まっている

これを理解するには「アルコールの代謝経路」について知っておく必要があります。

 

また、アルコールの代謝経路を理解することで、二日酔いなど”お酒のダメージ”を抑えることも可能です。

 

まずは、アルコールの「カロリー」について解説します。

 

◎アルコールは「エンプティカロリー」

 

「アルコールのカロリーは、エンプティカロリーだから太らない

このようなこと聞いたことあると思います。

 

確かに、アルコールのカロリーは「エンプティカロリー(空っぽのカロリー)」と言われています。

 

しかし、空っぽと言っても「エネルギーとしての価値がない」だけで、”カロリーは存在する”のです。

 

アルコール1gあたり = 7kcal

※ 糖質・タンパク質1gあたり = 4kcal

※ 脂質1gあたり = 9kcal

 

つまり、エンプティカロリーでも「摂りすぎれば普通に太る」ということです。

 

◎アルコールの「代謝経路」

 

摂取したアルコールは、体内でいろんな反応を起こし、最終的には「水」「二酸化炭素」にまで分解されます。

 

アルコールが「水」と「二酸化炭素」に分解されるまでの経路は次の通りです。

 

アルコールを摂ると「ADH(アルコール脱水素酵素)」が反応して、身体に有害の「アセトアルデヒド」が作られる。

その「アセトアルデヒド」に「ALDH(アルデヒド脱水素酵素)」が反応して、無毒の「酢酸」になる。

↑ ここまでは肝臓」で処理される

無毒になった「酢酸」は、筋肉・他の臓器に送られて「水」「二酸化炭素」にまで分解され、「熱エネルギー」として放出される。

 

お酒を飲むと体が熱くなるのは、「酢酸から水と二酸化炭素に変わる過程での熱エネルギー」が関係しているからです。

 

✓ アルコールの代謝経路(超簡潔バージョン)

アルコール → アセトアルデヒド → 酢酸 → 水と二酸化炭素

 

◎アルコールの「吸収・処理速度」

 

アルコールは消化されないので、「胃でも吸収される」という特徴を持っています。

 

摂取したアルコールの20%が「胃」で、80%が「小腸」で吸収されるのです。

 

また、消化器官内のアルコールの吸収はとても早く、1〜2時間程度で全て吸収されます。

 

そのため、急速に血中アルコール濃度は上がり、30分〜2時間でピークになって、そこから徐々に下がっていきます。

 

✓「1時間あたりに吸収(処理)できるアルコールの量」

  • 男性:約9g
  • 女性:約6.5g

 

✓「アルコール5%の350ml缶ビールを飲んだ場合」

  • 缶ビール350mlには、約18gのアルコールが含まれている
  • 男性:約2時間で吸収(処理)される
  • 女性:約3時間で吸収(処理)される

※あくまで目安です。個人差はあります。

 

お酒が強さは「遺伝」で決まる?!

 

ここからやっと本題に入ります。

 

「お酒の強さは、遺伝で決まっているのか?」

 

結論から言うと、完全に遺伝で決まっています。

ですので、お酒に弱い人は、一生強くなることはありません。

 

「遺伝で決まっている」理由を、下記で解説していきます。

 

◎「フラッシング反応」とは?

 

日本人の約半数は、少量でもお酒を飲むと何かしらの反応が起きます。

 

  • 顔が赤くなる
  • 動悸がする
  • 頭痛
  • 吐き気 など

 

これらを総称して「フラッシング反応」といい、この体質の人を「フラッシャー」と呼びます。

 

フラッシャーの人が、無理して飲酒を続けていると、食道がん咽頭がんのリスクが高まるということも分かっています。

 

◎お酒の強さが「遺伝で決まっている理由」

 

 お酒の強さが「遺伝で決まっている」理由

有毒の「アセトアルデヒド」から、無毒の「酢酸」に変換するときに使われる「アルデヒドデヒドロゲナーゼ」という酵素の強さが、遺伝で決まっているからです。

 

アルデヒドデヒドロゲナーゼの強さは、”3つのタイプ”に分けることができます。

  • 「活性型」:酵素が正常に働く
  • 「低活性型」:酵素の働きがゆっくり
  • 「非活性型」:まったく働かない

 

「活性型」の人は、問題なくお酒を飲むことができます。

しかし、「低活性型」と「非活性型」の人は、お酒を飲むとフラッシング反応が起きてしまいます。

 

つまり、「低活性型」「非活性型」のタイプの酵素を持っている人は、遺伝的にお酒が飲めない体質」ということです。

 

「両親が酒豪の人は、子供も酒豪になる」とよく聞きますが、酵素も遺伝するので、この考えはだいたい合っていますね。

 

アルコール耐性の検査を個人で行う方法

 

「自分にはアルコール耐性があるのか?ないのか?」

 

あなたも、気になりますよね?

 

自分のアルコール耐性が気になる人は、「パッチ」を使えば簡易的ではあるものの、自宅で簡単にチェックすることができます。

 

◎エタノールパッチテストとは?

 

エタノールパッチテストを簡単に説明すると、アルコールを肌につけて、どのように反応するのかチェックする方法です。

 

  1. アルコール度数70%のエタノールを染み込ませた布を肌に貼る
  2. 7分間待つ
  3. 剥がして10分待つ
  4. どのように反応するのかチェックする

 

このような方法で、アルデヒドデヒドロゲナーゼのタイプを診断できます。

 

なんと、90〜95%の正確性があるそうです。

 

簡易的ではあるものの、ネットでこれと似た「アルコール体質試験パッチ」というものを買うことができます。

 

◎ネットで買える「アルコール体質試験パッチ」

 

✓「アルコール体質試験パッチの使用方法」

  1. パッチを袋から取りだし、白いフィルムをはがす
  2. パッチを腕の内側に貼る
  3. 20分ほどたったら、皮膚の色の変化で自分のアルコール体質を判定
  • 2歳以上から検査可能
  • 15歳未満の方の場合、反応が出にくい場合があるので30~40分貼付して判定する

 

3枚入りなので、家族とか友達同士で試してみても楽しそうですよね!

 

「自分ってアルコール耐性あるのかな?」と気になる方は、ぜひ試してみてください!

 

まとめ【お酒が飲めない人は諦めましょう】

 

今回は、お酒の強さは「遺伝で決まる」という内容でした。

 

お酒が飲めない人でも無理して、飲酒を続けていれば「ある程度の耐性」は付きます。

 

しかし、食道がん咽頭がんのリスクが高まるということも分かっています。

 

ですので、お酒が強くなるわけではありません。

 

「お酒は、飲めば飲むほど強くなる」

 

これは、昔の人の間違った考え方なので、お酒が飲めない人はおとなしく諦めてください。

 

さいわい、これからの時代は「タバコ」と同じように「アルコール」も規制されていくので、お酒は控えるのが賢明でしょう。

 

◎要点まとめ

最後に、簡単にまとめておきます。

 

要点まとめ

  • アルコール耐性は「遺伝」で決まっている
  • 無視してお酒を飲んでいれば、耐性は付くものの癌のリスクは高まる
  • エンプティカロリーでも、摂りすぎれば普通に太る
  • アルコールは最終的に「水」「二酸化炭素」になって「熱エネルギー」として放出される
  • アルコール耐性の簡易的なチェックなら自宅でも行える

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が、あなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-健康, 栄養学
-, , , ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5