栄養学

チートデイで食べるものは『和菓子』一択!その理由とは!?

 

✔︎ この記事を読むと解決できる悩み

• チートデイって何のためにやるの?

• どのくらいの”量”食べて良いの?

• チートデイをやった方が良い”タイミング”は

• チートデイにオススメの食べ物ってある?

 

趣味筋肉
こんな悩みを解決できる記事を書きました。

この記事は、筋肉博士”山本義徳”先生”の書籍『ダイエットの理論と実践』と”チートデイの考え方”を参考にしています。

 

この記事で解説する『チートデイのやり方』を実践すれば、減量中の悪夢である”停滞期”を抜け出すことができます!

実際にボクは上記の方法を実践して、JBBFメンズフィジークの県大会で2位になることができました。

 

「最近なかなか体重が落ちなくなってきたな」と感じる人は、ぜひこの記事を参考にしてください!

 

»【関連記事】この記事を読めば”減量の成功確率”がちょっぴり上がります。

 

『チートデイ』ってなに?

 

『チートデイ』とは、減量中の人が、体重が落ちなくなる”停滞期”を抜け出すために行う、手法の1つです。

「1週間〜10日」に1回を目安に行います。

 

「チート」=「ウソ、ズル、騙す」という意味です。

減量中は、摂取カロリーを抑えているので、身体が少ないカロリーに慣れてしまい『代謝』が落ちてしまいます。

そこで、”代謝を元に戻すため”に『チートデイ』を設けるのです。

 

チートデイは低下した『代謝』を元に戻す

 

チートデイは、「好きなものを、好きなだけ食べる」というイメージがありますが、それだと思うような効果は出ません。

ポイントは「肝臓のグリコーゲンを満たすこと」です。

 

肝臓のグリコーゲンを満たすことにより、交感神経が活性し、『甲状腺ホルモン』が刺激されます。

甲状腺ホルモンは、”代謝を調節”しています。

 

つまり、肝臓のグリコーゲンを満たせば「十分に栄養がある」と脳が考えて、「代謝が元に戻る」ということです。

 

チートデイで食べるものは『和菓子』一択

 

アスリートが『カーボ・ローディング』をするときは、パフォーマンスを発揮するために「筋肉にグリコーゲンを満たす」ことが重要です。

 

ですが、減量中の人が「チート」を行うときは、”代謝を元に戻すこと”が目的なので「肝臓のグリコーゲンを満たす」ことが重要です。

 

「肝臓のグリコーゲン」を満たすために”効果的な糖質”が『果糖』です。

「砂糖」=「果糖+ブドウ糖」です。

つまり、砂糖を多く含んだ『和菓子』を食べれば、「肝臓のグリコーゲンを効率的に満たす」ことができます。

 

チートデイは糖質を「体重×12g」摂取しよう!

 

「チートデイには和菓子が最強」と説明しましたが、ここで1番やってはいけないことは、”中途半端”に糖質を摂取することです。

中途半端に糖質を摂取しても、代謝は元に戻らないので、”ただのハイカロリーの日”になってしまいます。

 

西オーストラリアで、「1日に体重×12gの糖質」を摂取したら、通常のカーボローディングと同じくらいの効果があったという研究があります。

 

ですので、チートデイの具体的な摂取量は、糖質を「体重×12g」です。

体重が70kgの人なら、糖質を「840g」摂取します。

これを白米で換算すると「2.3kg」になります。

どら焼きなら「20個」です。

「こんな量は1日で食べられないよ」という人は、”1日半〜2日”かけて食べるようにします。

 

チートデイを行う”タイミング”のポイントは『体温』

 

チートデイの目安は、「1週間〜10日」に1回です。

ですが、計画通りに体重が落ちていれば、チートデイは必要ありません。

 

チートデイは、体重が落ちない”停滞期”で、かつ「体温が0.2度低下したとき」に行います。

チートデイのタイミングを判断するために、減量中は”毎日体温を計ること”をオススメします。

 

代謝が低下しているときは、体温も0.1〜0.2度低下します。

チートした後も体温が元に戻らなければ、さらに糖質を追加します。

 

「どうしてもチートをしたくない」という人は、甲状腺ホルモンを活性化する『アシュワガンダ』がオススメです。

1日に「1,200mg」程度を目安に摂りましょう。

オススメの『アシュワガンダ』はこちら

 

好きなものを食べるチートデイは意味ないの?

 

好きなものを食べる方法でも、”停滞期”を抜け出せる人もいます。

ですが、ほとんどの場合が”たまたま水分が抜けて”、体重が減っただけです。

好きなものを食べる方法で”停滞期”を抜け出すという方法は、科学的根拠がありません。

 

「代謝を元に戻す」とか考えないで、ストレス発散や気分転換のために好きなものを食べる、というのはアリだと思います。

 

ですので、理論的にチートデイを行いたい人は「体重×12gの糖質を摂る」という方法で行うのが良いでしょう

 

»【関連記事】この記事を読めば”減量の成功確率”がちょっぴり上がります。

 

まとめ【停滞したら和菓子を食べよう!】

 

ポイント

• チートデイは「低下した代謝を元に戻すため」に行う

• 低下した代謝を元に戻すには「肝臓のグリコーゲンを満たす」ことが重要

• 肝臓のグリコーゲンを満たすために効果的な糖質は『果糖』

•「砂糖」=「果糖+ブドウ糖」なので、砂糖を多く含む『和菓子』は最強

• 体重が停滞し、体温が「0.2度」低下したら「体重×12gの糖質を摂る」

 

このような方法で行えば、悪夢のような”停滞期”から抜け出すことができるでしょう!

 

この記事が、みなさんの減量の手助けになるなら、これ以上嬉しいことはありません。

無事、停滞期を抜け出せるように応援しています。

 

筋肉について勉強したい」「オススメの本が知りたい」という人は、ぜひ下記の記事も見てみてください!

【筋トレ本】『アイアンマン』と『ボディビルディング』を”めちゃめちゃお得”に読む方法!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!

-栄養学
-,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5