トレーニング

【論文解説】「レストポーズ法」のベストな方法

 

この記事を読むと分かること

  • 2つの「レストポーズ法」の比較
  • レストポーズ法の「論文解説」

 

趣味筋肉
栄養の学校NNCやセミナー・書籍・論文などで「栄養学」を学んでいる、栄養オタクトレーニー、趣味筋肉(しゅみきん)です。

筋トレ歴6年、2019年JBBFメンズフィジーク”県2位”

 

筋肥大に効果的な「レストポーズ法」

あなたは正しく理解していますか?

 

今回は、「面白いレストポーズ法の研究」があったので紹介します。

 

もし、根拠もなく適当に回数設定などをしているのなら、この記事を読む価値はあると思います。

 

■2019年7月 「レストポーズ法」の研究

 

参考論文:「一時停止と従来の複数セットの筋力トレーニング後の筋力と筋肉の適応」

 

対象:トレーニング経験者

重量設定:1RM80%の重量を使用して、以下のトレーニングで比較

 

①のグループのトレーニング

6rep → 2分休憩 → 6rep → 2分休憩 → 6rep

『6rep×3set 合18rep』のトレーニング

 

②のグループのトレーニング

自力で限界まで(例えば8rep) → 20秒休憩 → 自力で限界まで(例えば4rep) → 自力で限界まで(例えば3rep)→ 自力で限界まで(例えば3rep

レストポーズを利用した 18rep×1set』のトレーニング

 

※トレーニングボリュームは同じ

 

◎結論

 

上半身(腕と胸):①と②どちらも同じくらい筋肥大した

下半身(大腿部)②の方が大幅に筋肥大した

 

☆下半身について

①は、平均1%の筋肥大

②は、平均11%の筋肥大(①の方法の11倍!)

 

■まとめ【ボリュームが一緒でも筋肥大の効果が違う】

 

今回の研究は、追い込むトレーニング」VS「追い込まないトレーニング」とも言えます。

 

「トレーニングボリュームが同じなら筋肥大の効果も同じ」

近年は、このような意見が多いです。

 

しかし、今回の研究の結果は、②のトレーニング方法の一般的なイメージでの"追い込むトレーニング”のほうが筋肥大の効果がありました。

 

今回の研究から学べることは「二元論で語るのはやめようよ」ということです。

 

トレーニング理論に、正解はありません。

「追い込むトレーニングが正義」「トレーニングボリュームが絶対」など、考えを固執するのはやめて、柔軟な考えを持ったほうが、効率的に筋肥大をすることができるでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事があなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-トレーニング
-, ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5