健康

リーキーガットは体調不良の直接的な原因ではない⁉

 

「腸活」は超大事

 

この記事を読むと分かること

  • リーキーガット症候群とは?
  • 体調不良とリーキーガットは関係がない理由

 

趣味筋肉
栄養の学校NNCやセミナー・書籍・論文などで「栄養学」を学んでいる、栄養オタクトレーニー、趣味筋肉(しゅみきん)です。

筋トレ歴6年、2019年JBBFメンズフィジーク”県2位”

 

「腸活をして健康になろう!」

最近、ネットやメディアでこのような事が言われています。

 

「腸内環境を整えて、生理学的なバロメーターを上げよう」的なやつです。

 

その腸内環境の中で「リーキーガット症候群」と言われるものがあります。

 

今回は、このリーキーガットが実は「体調不良と関係がない」「ネットやメディアに踊らされているだけ」という解説をしていこうと思います!

 

■リーキーガット症候群とは?

 

リーキーガット症候群は、別名「腸もれ」とも言われています。

 

腸内環境が悪化すると、悪玉菌が増え、その悪玉菌が原因で「腸内の細胞に隙間」ができ栄養が漏れ出してしまう。

これを「リーキーガット」と言います。

 

腸内環境の悪化
   ↓
悪玉菌の増加
   ↓
腸内の細胞に隙間ができる
   ↓
栄養が漏れ出す
   ↓
体調不良(頭痛、吐き気など)になる

 

→ 関連記事「腸内環境を整える三種の神器」

 

◎リーキーガット症候群へのアプローチ方法

 

リーキーガット症候群には、さまざまなアプローチ方法があります。

  • 薬剤の投与
  • 食習慣の改善
  • ストレスの改善
  • 専用のサプリメント

 

ネットやメディアでは、リーキーガット症候群を改善するメリットを、前面に打ち出した広告が数多く存在しています。

 

しかし、近年は「リーキーガット症候群は体調不良の直接的な原因ではない」とされています。

 

■リーキーガットは体調不良の直接的な原因ではない⁉

 

現在、リーキーガット、細胞の隙間が、直接的に疾病の原因になるという報告はありません。

 

実際、細胞と細胞の間に隙間が生じることはあるものの、それが疾病の原因ではないのです。

 

◎透過性とは?

 

透過性をひと言で説明すると、「腸内の細胞の間隔が空いている状態」です。

 

リーキーガットは、この透過性が上がった状態のことを言います。

 

しかし、医学的には「透過性が悪化した状態を”疾患”とは認められていない」のです。

 

◎マイケル・カミレリ博士の研究

 

マイケル・カミレリ博士(腸内研究の権威)が、アメリカ国立衛生研究所と発表した論文では、「リーキーガットは体調不良の直接的な原因でない」と結論づけています。

 

腸の透過性は、食事・生活習慣・病気などの副次的な要因で起きる症状です。

健康・疾患に関与はしません。

 

透過性が直接的な原因なら、細胞と細胞の隙間を無くせば、疾病は改善するはずです。

しかし、この透過性を改善しても、多くの症状は改善しないことが分かったのです。

 

◎体調不良の「真の原因」

 

刺激性の食事乱れた食事もしくはストレスによって、頭痛やめまい、吐き気などになることはあります。

 

しかし、症状の原因は別にあり、「透過性が原因ではない」のです。

 

実際、透過性は起こるものの、あくまでも副次的なもので体調不良とは関係がありません。

 

腸内環境を悪化させる食事をする
   ↓
体調不良(頭痛、吐き気など)
   ↓
個々に原因がある
※「透過性」は副次的なものに過ぎない

 

実際、ネットやメディアでは、「リーキーガットが原因」みたいに宣伝して商品を売っていることが多いです。

 

ですので、リーキーガットという言葉に騙されないで、個々の原因を究明してアプローチをするようにしましょう。

 

◎透過性に対するアプローチ方法

 

実際、活性酸素の増加により細胞が傷ついて、細胞透過性が増すことはあります。

 

「麦」「乳製品」などを摂ると、リーキーガットになってしまう人です。

※「グルテンフリー」や「カゼインフリー」というのが流行っている

 

個々の原因に対するアプローチ

  • アレルギー物質の除去
  • 酒・喫煙をやめる
  • 食物繊維を摂る など

 

上記のようなアプローチをすることで、今ある症状を改善することはあります。

 

しかし、繰り返しになりますが、リーキーガット症候群が直接的な原因ではありません。

アレルギーやストレスなど、それぞれ別の原因があるということは忘れないでください。

 

これを忘れると、ネットやメディアの誇大広告に騙されてしまいますよ。

 

→ 関連記事「グルテンフリーで体調が良くなるってホント?」

 

■まとめ【懐疑的な視点を持とう!

 

今回は「リーキーガット症候群」について解説しました。

 

多くのネットやメディアで、腸活として「リーキーガット症候群の改善」を謳った商品が売られています。

 

しかし、リーキーガット(腸もれ)は、体調不良の直接的な原因ではありません。

 

ですので、商品を買うときは懐疑的な視点を持って、「本当にこの商品は自分の問題を解決してくれるのか?」ということを考えるようにしましょう。

 

そうすれば、効果のない高額な商品を買ってしまうことはなくなるでしょう。

 

◎要点まとめ

 

最後に簡単にまとめておきます。

 

要点まとめ

  • 腸内環境が悪化し、腸内の細胞に隙間ができ、栄養が漏れ出してしまうことを「リーキーガット」という

  • リーキーガット症候群は、体調不良の直接的な原因ではない
  • 体調不良になったら、個々の原因を究明してアプローチをする

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事があなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-健康
-, ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5