サプリメント 栄養学

脂肪燃焼に効果のあるサプリメント”4選”【メジャー+マイナー】

 

減量用のサプリは「効かない」

 

この記事を読むと分かること

  • 減量用のサプリメントが”効かない”と言われる理由
  • 脂肪燃焼に効果のある”サプリ4選”
  • 体脂肪を増やしたくない人はどうすればいいのか?

 

趣味筋肉
こんなことが分かる記事を書きました!

僕は筋トレ6年目、2019年JBBFメンズフィジークでは”県2位”

オンラインサロンやセミナー、書籍、論文などで「栄養学」を学んでいる、栄養オタクトレーニーです!

 

減量・ダイエットするときは、「なるべく効率よく脂肪燃焼したい」ですよね?

ほとんどの人が、減量・ダイエットをするとき「サプリメントを活用」すると思います。

 

しかし、あなたの”サプリメントの使い方”は、間違っているかもしれません。

 

この記事を読めば『減量に効果のあるサプリ+正しい使い方』を、理解することができます。

ぜひ、最後まで読んで、効率よく減量を進めちゃってください!

 

減量用のサプリメントは「効果がない」と言われる理由

 

「減量用のサプリは効果がない!」

 

このように言われることがありますが、本当にそうなのでしょうか?

 

減量用のサプリは、適切な成分、適切な量、適切なタイミングで摂れば、「体感があるくらいの効果はある」と思います。

 

ではなぜ、減量用のサプリメントが効かないと言われているのか。

サプリメントの真実を解説します。

 

■体脂肪率が1桁台の人で実験していない

 

論文や実験、研究をするには、”莫大なお金”がかかります。

ですので、「結果の出ない研究は避けるのが普通」です。

 

”脂肪燃焼に効果のあるサプリ”の、ほとんどの実験では、被験者は「やや肥満」の人が選ばれています。

「太りすぎ」「痩せすぎ」は、被験者選ぶことはできないので、「いちばん効果の出やすい”やや肥満の人”が選ばれている」ということです。

 

つまり、減量用のサプリメントは

  • 「やや肥満の人」には”効果あり”
  • 「体脂肪1桁台の人」は”効果があるのか不明”

という結果になるのです。

 

逆に言えば、減量用のサプリは、『体脂肪率の高い”減量初期”に取り入れるのが効果的』ということになります。

 

■「効きすぎる成分」は食品扱いにならない

 

サプリメントは、あくまでも”健康補助食品”です。

ですので、「効きすぎるサプリメント」は、食品扱いにはなりません。

 

「飲むだけで痩せる」

こんな、”劇的に効果のあるサプリ”があれば「爆発的に売れる」と思います。

 

ですが、そんなサプリは存在しません。

なぜなら、「効きすぎるサプリ」は、少なからず”副作用”の恐れが出てくるからです。

 

減量に劇的に効果のある成分があるとするなら、「下剤」くらいですかね?笑

 

悪影響を与える成分を、食品扱い(サプリメント)で販売することは、まずありえないでしょう。

 

脂肪燃焼に効果のあるサプリメント”4選”【メジャー+マイナー】

 

世の中には、減量用のサプリメントが、山ほど売られています。

 

「種類がありすぎて、どのサプリを摂ればいいのか分からない」

 

このような人は、これから紹介する商品を試してみてください!

 

■CLA(共役リノール酸)

 

CLA(共役リノール酸)は、減量用サプリの定番です。

体脂肪の合成を抑えて、分解を促進させる効果があります。

 

ポイントは、”減量初期に摂ること”です。

減量末期の体脂肪率が低い状態で摂っても、効果は期待できません。

 

また、増量のときに摂取すると、脂肪の合成を抑えることができるので「脂肪があまり乗らない状態」で、バルクアップできます。

 

→ 関連記事『脂肪燃料に効果のある「CLA」とは』

 

■カルニチン

 

カルニチンも、減量用の定番サプリのひとつです。

”脂肪燃焼工場”の役割をする「ミトコンドリア」に、遊離脂肪酸を届けるときに必要になる栄養素で、『脂肪燃焼の”効率”を上げてくれるサプリ』です。

 

カルニチンは、体内で作られる栄養素で、「30代くらいから”体内の合成能力が低下”し始める」と言われています。

ですので、「20代の若い人はサプリで摂る必要はない」かもしれません。

 

→ 関連記事『カルニチンの摂取タイミングや効果』

 

■エキストラバーナー

 

「エキストラバーナー」

知らない人も多いかと思います。

主な成分は「HCA(ガルシニア) + カフェイン」です。

 

✔︎主な効果

  • 「HCA(ガルシニア)」 → 脂肪の”燃焼を促進”
  • 「カフェイン」→ 脂肪の”分解を促進”

この2つの栄養素が合わさると、相乗効果があると言われており、特許まで取得しています。

「特許を取るほど効果がある」とも言えますね。

 

こちらも、減量初期に摂るようにしましょう!

 

 

■グラボノイド

 

「グラボノイド」

こちらも、聞き慣れない栄養素だと思います。

グラボノイドは、近年注目されている、ポリフェノールの一種です。

 

✔︎主な効果

  • 体脂肪の分解を促進
  • 余ったエネルギーが、体脂肪の合成に向かうのを抑える

 

ポイントは、「増量のときに摂取すること」です。

脂肪が乗りにくくなるので、「体脂肪を付けずに増量したい」という人に、オススメの栄養素です。

 

 

体脂肪を増やしたくない人は何を制限したら良いのか?

 

体脂肪を増やしたくない人がやるべきことは、「脂肪を付きにくくするサプリ」を摂ることではありません。

 

「体脂肪が付きやすい栄養素を、なるべく摂らない」

 

これが正解です。

 

■「糖質」の摂取を控える

 

体脂肪を付ける、いちばんの原因は「糖質の摂りすぎ」です。

 

エネルギーの生産工場の役割をしているミトコンドリアにも、脳にも、糖質は何の制限もなく、バンバン入ることができます。

 

つまり、糖質を摂りすきれば「容易に体脂肪になる」ということです。

 

■筋肥大にいちばん効果があるのも「糖質」

 

誰もが敵視している「体脂肪」

この体脂肪を付けるいちばんの原因は、糖質だと説明しました。

 

しかし、筋肥大にいちばん効果があるのも「糖質」なのです。

ですので、「糖質は悪だ!」と決めつけるのではなく、適切な量の糖質を摂取しましょう。

 

ポイントとして、"夜の糖質の摂取を減らす"ようにすれば、体脂肪の蓄積を抑えることができます!

 

まとめ【サプリメントは使い方が大事】

 

「サプリメントなんて効果ない!」

「大事なのは食事だ!」

 

このような考え方も、正しい考え方です。

食事の量、成分、タイミングなど、全てを完璧にできていれば、サプリメントなんて必要ありません。

 

しかし、この忙しい現代社会で、全ての栄養素を過不足なく、完璧なタイミングで摂るなんて普通の人には不可能だと思いませんか?

 

ですので、「サプリメントは”上手く活用”する」と考えましょう。

 

そうすれば、体感があるレベルでの効果は、得ることができるはずです。

 

最後に、簡単にまとめておきます。

 

まとめ

  • 減量用サプリを使うオススメのタイミングは"減量初期"
  • オススメのサプリは、CLAカルニチンエキストラバーナーグラボノイド
  • 夜の糖質の摂取を減らせば、体脂肪の蓄積を抑えられる

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が、あなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!

-サプリメント, 栄養学
-,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5