ボディメイク

ダイエットで「部分痩せ」は不可能です!【部分痩せは都市伝説】

この記事で解決できるお悩み

✔︎「部分痩せ」ってほんとにできないの?

✔︎ ダイエットは成功したけど「お腹や腰回りの脂肪が気になる」

 

趣味筋肉
こんな悩みを解決できる記事を書きました。

『筋トレは、人生を豊かにするための1つのツール』をテーマに、筋肉リテラシーを上げるためのブログ毎日更新しています!

 

いきなり、残酷な真実をいいますが『部分痩せは不可能』です。

ダイエットにおいて『部分痩せは都市伝説』だと思ってください。

 

「体重は落ちてきたけど、お腹や腰回りの肉が落ちない」

これは、当たり前なのです。

 

この記事では『なぜ部分痩せは不可能なのか』『一部例外もあるよ』という内容を、分かりやすく解説します!

最後まで読めば、「なんで部分痩せしないの?」と苦しむことがなくなります!

 

ダイエットで「部分痩せ」は不可能?!

冒頭でも言いましたが、『部分痩せは不可能』です。

なぜなら、脂肪を燃焼するときは、『動かした部分だけではなく、全身の体脂肪からエネルギーがつくられ、燃焼されるから』です。

 

のちほど解説しますが、『体脂肪が減るメカニズム』を理解すると、納得できると思います。

 

ダイエットをして、目標としていた体重までは、痩せました。

しかし、「お腹や腰回りの脂肪が気になる」という人は多いです。

 

そんな人は、『体脂肪が減るメカニズム』を理解しておいたほうがいいでしょう。

 

体脂肪が減るメカニズムを理解しよう!

体脂肪が減るメカニズムを、分かりやすくシンプルに解説します。

 

運動をすると、人間の身体に付いている「体脂肪が、エネルギーとして使われる「脂肪酸という形になって、血液中に飛び出します。

※このとき、動かした部分だけではなく、全身の体脂肪から使われます。

 

さらに運動を続けると、エネルギーが必要になるので、血液中の「脂肪酸」をエネルギーとして消費します。

※このとき、消費されなかった「脂肪酸」は再び、「体脂肪」となります。

 

血液中の「脂肪酸」が消費されると、ここで初めて『体脂肪が燃焼した、体脂肪が減った』ということになります。

 

つまり、『“痩せたい部分を鍛えた“からといって、その部分だけ痩せる』なんてことはあり得ないのです。

 

気になる部分の「脂肪」を落とす方法

気になる部分の「脂肪」を落とす方法は、一つしかありません。

それは、『気になる部分の脂肪が落ちるまで、ダイエットを継続すること』です。

 

上記でも説明したように、部分痩せなんて存在しません。

 

「お腹をへこませたいんだけど…」→ お腹がへこむまで、ダイエット

「ぷよぷよの二の腕をなんとかしたい!」→ 細くなるまで、ダイエット

 

真実は残酷なもので、『気になる部分の脂肪がなくなるまで、ダイエットを継続すること』

これしか方法はないのです。

 

メリハリのある、かっこいい体になりたい場合は、「筋トレ」も必要になります。

 

一部の人は「部分痩せ」できる可能性もある!

ここまで、『部分痩せなんて存在しない』と言ってきましたが、一部例外もあります。

 

たとえば、「テニスプレーヤー」です。

テニスプレーヤーの、利き腕の皮下脂肪を測定したところ、普通の人より薄かったことが観測されています。

 

トレーニングした腕」と「トレーニングしなかった腕」では、

トレーニングした腕のほうが、皮下脂肪が少なかったことも示されています。

 

それでは、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

 

「部分痩せ」が起きる理由

みなさん、お腹や腰回りなど、体の中心部分」は脂肪が多いですよね?

それに比べて、ふくらはぎや前腕には、脂肪が少ないと思います。

 

これには、「血行」が関係しています。

 

筋トレなどの運動を行うと、「脂肪燃焼ホルモン」である「アドレナリン」「ノルアドレナリン」「成長ホルモン」が、分泌され、脂肪細胞に働きます。

 

そうすると、「ホルモン感受性リパーゼ(HSL)」という、『脂肪燃焼を促進させる酵素』が活性化されます。

 

そして、体に付いている体脂肪が、エネルギーとして使われる「脂肪酸」になって、血液中に飛び出します。

 

脂肪燃焼ホルモン」は、血液中をめぐり、全身に行き渡ります。

つまり、『血液の循環がよい部分ほど、脂肪燃焼が起こりやすい』ということです。

 

ですので、部分痩せしたい部分を鍛えて血行を良くすれば、理論的には、その部分だけ脂肪燃焼することができるかもしれません。

 

筋トレは「筋肉を太くする行為」

「筋トレをして、脂肪燃焼ホルモンを分泌させて、血行を良くすれば、部分痩せできるじゃん

このように思いましたよね?

 

ひとつ、忘れてはいけないことがあります。

それは、『筋トレは、筋肉を太くするために行う行為である』ということです。

 

筋トレをして脂肪燃焼できても、筋肉が大きくなったら、腕は細くなりません。

ということは、『腕を細くしたいのに、腕を太くする行為の筋トレ』をするっておかしいですよね?

 

テニスプレーヤーの利き腕は、皮下脂肪は少ないですが、筋肉もあります。

テニスをして、筋肉量はそのままで、皮下脂肪が少なくなったわけではありません。

 

結局は、『自分が理想とする細さになるまで、ダイエットを継続する』これしか方法ないということです。

 

まとめ

「部分痩せは存在するのか問題」の結論

『部分痩せは不可能、部分痩せは都市伝説』

 

一部例外もありますが、ほとんどの人は、このように思っていたほうがいいでしょう。

 

最後に、簡単にまとめておきましょう!

まとめ

• 痩せたい部分を鍛えたからといって、その部分だけ痩せるなんてことはあり得ない

•「部分痩せ」は存在しないので、理想の細さになるまで、ダイエットを継続するしかない

• 理論上、血液の循環がよい部分ほど、脂肪燃焼が起こりやすい

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が、あなたのお役に立てたのなら幸いです。

 

オススメ記事

誰でも確実に痩せられる「除脂肪メソッド」【オススメの減量・ダイエット本】

 

この本に書かれてることを実行すれば確実にダイエットできますよ!

『除脂肪メソッド』1,320円

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-ボディメイク
-, ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5