コンテスト最終調整

JBBF公認の「セルフタンニングローション」は”やめたほうがいい?”

 

餅は餅屋

 

この記事を読むと分かること

• 「セルフタンニングローション」のメリット・デメリット

• 「店舗でカラーリング」のメリット・デメリット

• 結局、ローションとカラーリングはどっちがいいの?

 

趣味筋肉
こんなことが分かる記事を書きました。

僕は筋トレ歴6年目、2019年JBBFメンズフィジークでは”県2位”でした。

JBBF加盟ジムに入会しており、毎年JBBFのコンテストに出場しております

 

今回は、JBBF加盟ジムの複数人の選手に聞いた話を参考に、「ローション」と「カラーリング」どちらがオススメなのか解説していきます。

 

この記事を読めば、「あなたに向いている”カラーリングの方法”」を知ることができます。

 

JBBF公認の「セルフタンニングローション」は”やめたほうがいい?”

 

コンテストに出場するとき、仕上げとして「カラーリング」を行なうと思います。

そのカラーリングには、大きく”2種類”あります。

 

(1)JBBF公認の「店舗カラーリング」

(2)自分でタンニングローションを塗る「セルフカラーリング」

 

どちらを選ぶかは、仕事や学校、環境や経済力によって変わってきます。

ですので、自分に合うカラーリングの方法を選びましょう!

 

まずは「店舗カラーリング」と「セルフカラーリング」のメリット・デメリットを紹介していきます。

 

「セルフタンニングローション」のメリット・デメリット

 

✔︎『JBBF公認セルフタンニングローション

 

■「セルフタンニングローション」のメリット

  • カラーリングを、”安く済ませる”ことができる
  • 自分のタイミングで塗ることができる

 

■「セルフタンニングローション」のデメリット

  • 1人だと”ムラ”なく塗るのは厳しい
  • 2〜3日、連続で塗る必要がある
  • 肌の色が、黄色っぽい仕上がりになる

 

→ 関連記事『JBBF公認セルフタンニングローションの塗り方【失敗しない方法】』

 

「店舗カラーリング」のメリット・デメリット

 

■「店舗カラーリング」のメリット

  • 綺麗な色で”ムラ”なく仕上げてくれる
  • 1回で済ませることができる
  • 部屋が汚れない

 

■「店舗カラーリング」のデメリット

  • 価格が高い
  • 予約制なので、指定した時間に店舗に行かなければならない
  • 家の近くに、JBBF公認のカラーリング店舗がない場合もある

 

「ローション」と「店舗カラーリング」どちらがオススメか?

 

結局「ローション」と「店舗カラーリング」どっちがオススメなの?

 

オススメは「店舗カラーリング」

 

”お金と時間”に、ある程度の余裕のある人は”店舗カラーリングがオススメ”です。

 

「餅は餅屋」

 

自分でカラーリングするより、プロにやってもらったほうが、ムラなく綺麗な色に仕上がります。

 

JBBF加盟ジムの他の選手に聞いても、店舗カラーリングを推奨する選手がほとんどです。

せっかくのコンテストなので、思い切って「店舗カラーリング」にしちゃいましょう!

 

「予約の確認」を忘れずに!

 

これは僕の経験談ですが、「店舗カラーリングの予約」をしてあったのに、”ダブルブッキングでカラーリングできない”ということがありました。

 

店舗も、コンテストシーズンは忙しいのでミスもあると思います。

ですが、カラーリングできない状態でコンテスト出場になったら、今までの減量や努力が「水の泡」になります。

 

ですので、もし、店舗から「予約確認の連絡」がない場合は、こちらから1週間前と前日に「予約の確認」をしましょう。

 

趣味筋肉
僕の場合、ジムにセルフタンニングローションの在庫があったので、何とかカラーリングはできました。

しっかり「下地」を作っていたので、ローションでもギリなんとかなりましたね。日焼けしておいてよかった〜

 

まとめ【自分でカラーリングするのは”めんどくさい”】

 

僕が所属しているJBBF加盟ジムの選手は、比較的”若い選手”「店舗カラーリング」を勧めてますね。

60歳以上の”年配の方”は、「セルフローションのほうがいい」という人が多かったです。

 

僕の意見としては、

  • ローションを購入する手間
  • 塗ってくれる人への依頼
  • 数日間の塗る・乾かす作業
  • 汚れた道具・場所の片付け

これらがめんどくさいので、お金と時間を使ってでも「店舗カラーリングのほうがいいかな」という結論です。

 

仕事や学校、環境や経済力は、人それぞれです。

今回紹介したメリット・デメリットを参考にして、自分に合う方法でカラーリングしてください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が、あなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-コンテスト最終調整
-, ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5