ボディメイク 健康

【体脂肪の種類】あなたは”体脂肪の種類”をパッと答えられますか?

 

意外と知らない「体脂肪の種類」

 

この記事を読むと分かること

  • 体脂肪の種類
  • 体脂肪それぞれの役割
  • 有酸素運動が脂肪燃焼に効果的な理由

 

趣味筋肉
栄養の学校NNCやセミナー・書籍・論文などで「栄養学」を学んでいる、栄養オタクトレーニー、趣味筋肉(しゅみきん)です。

筋トレ歴6年、2019年JBBFメンズフィジーク”県2位”

 

あなたは”体脂肪の種類”を説明できますか?

 

「体脂肪を減らしたい」という人は”体脂肪の種類”を知っておいて損はないと思います。

  • 体脂肪
  • 内臓脂肪
  • 皮下脂肪
  • コレステロール
  • 中性脂肪

 

この記事では、これらの違いを分かりやすく簡単に解説しています。

 

■3種類の体脂肪

 

体脂肪:体に蓄積されている脂肪の総称

体脂肪率:体重の中で脂肪が占めている割合

 

これは、ほとんどの人が理解していると思います。

ですが、”体脂肪を3つに分類”することはできますか?

 

☆3種類の体脂肪

  1. 内臓脂肪
  2. 皮下脂肪
  3. 異所性脂肪

 

①内臓脂肪

内臓脂肪:”内臓周り”に付いている脂肪

腹筋(腹直筋)の内側についている脂肪です。

 

内臓脂肪は、ぽっこりお腹、いわゆる”リンゴ型の肥満”の原因になります。

ですが、内臓脂肪はエネルギーに変換しやすいので、短期間で減らすことができる脂肪になります。

 

よく言われる”年齢とともに落ちにくくなる”のは、この内臓脂肪です。

 

また、減らしやすい脂肪ではあるものの、臓器を守る役割があるので一定の厚さは必要です。

 

②皮下脂肪

皮下脂肪:腹筋(腹直筋)の外側に付いていて、お腹周りだけでなく全身につく脂肪

 

年齢に関係なく、生活習慣で蓄積量は変わってきます。

皮下脂肪は、体温をコントロールする役割があるので、「暖かいところにいる人よりも、寒いところにいる人の方が付きやすい」と言われています。

 

皮下脂肪は、エネルギーに変換しにくいので、内蔵脂肪よりも減らすのが難しいです。

 

要するに、お腹がだけ出ていて手足が細い人は、運動・食事制限で簡単に体質を改善することができる。

体全体に脂肪が付いている人は、長期間のアプローチが必要ということです。

 

③異所性脂肪

異所性脂肪:内臓脂肪・皮下脂肪のキャパシティを超えて”筋肉内”につく脂肪

 

代表的なものに、筋繊維の間に脂肪がつく「筋肉内脂肪」というものがあります。

分かりやすい例が、霜降りのステーキの赤身と赤身の間に”白いサシ”があると思います。

あの”白いサシ”が筋肉内脂肪というものです。

 

見かけの筋肉は太い、しかし、筋力は弱い。

このような人は、非収縮性の繊維(サシの入った筋肉)が多いということです。

 

ですが、筋肉内脂肪は、運動習慣があれば溜まりにくいものです。

週に4〜5回ジムでトレーニングする人には、ほとんど見られません。

反対に、デスクワークなどで運動習慣のない人は、溜まりやすい脂肪でもあります。

 

また、「脂肪肝」も、代表的な異所性脂肪です。

 

異所性脂肪が多い人の特徴として、インスリン感受性が低く、栄養を細胞内に取り込む働きが弱いというものがあります。

 

ですので、運動を習慣にするなど、インスリン感受性を高める生活に改善することがオススメです。

 

↓関連記事

「インスリン感受性を高める方法」

「インスリン感受性を高めるサプリメント”10選”」

 

■4種類の血液中の脂質

 

上記の3種類の体脂肪は、理解している人も多いと思います。

 

ここからが、ごちゃごちゃになりやすい「血液中の脂質」です。

 

☆血液中の脂質

  • 中性脂肪
  • 遊離脂肪酸
  • リン脂質
  • コレステロール

 

◎中性脂肪(トリグリセリド)

血液中の中性脂肪には”2種類”あります。

  • 内因性トリグリセリド:体内(肝臓)で作られて血液中に放出される
  • 外因性トリグリセリド:外部(食事)から取り込まれ、そのまま血液中に放出される

 

この中性脂肪は、一番スムーズにエネルギーになりやすい脂質です。

また、中性脂肪が分解されて、エネルギー源として血液中に存在する脂質が「遊離脂肪酸」です。

 

中性脂肪は、血液中に存在するものと、白色脂肪細胞として格納されているものが存在します。

 

◎コレステロール

テストステロンや女性ホルモンなどのステロイドホルモンの材料。

また、リン脂質と一緒に、細胞膜を構成する役割でもあります。

 

コレステロールは悪いイメージがありますが、体に必要不可欠な栄養素です。

 

■有酸素運動の方が脂肪燃焼しやすい⁉

 

結論からいうと、脂肪燃焼に一番効率的なのは”有酸素運動”です。

 

安静にしているときのエネルギー比率

→ 脂質:8割 糖質:2割

 

ですが、運動強度を上げるにつれて、この比率も変わってきます。

高重量でのスクワットやベンチプレス

糖質が8〜9割になる

 

ですので、体脂肪を減らしたい人は、「脂質の利用割合の高い有酸素運動をするべき」となるのです。

 

→ 関連記事「効果的な有酸素運動のやり方」

 

■まとめ【減量・ダイエットに活かそう!】

 

今回は、意外と知らない”体脂肪の種類”を簡単に解説しました。

 

「体脂肪にはどんな種類があるのか?」を説明できるようになったと思います。

 

今回の内容を踏まえた上で、減量:ダイエットをすれば効率よく行うことができます。

 

ぜひ、ダイエットや減量に活かしてください!

 

◎要点まとめ

 

最後に簡単にまとめておきます。

 

要点まとめ

  • 内臓脂肪:一定量は付くものの、短期間で減らすことができる
  • 皮下脂肪:ゼロにはできない、減らすには長期間のアプローチが必要
  • 異所性脂肪:代表的的なものが「筋肉内脂肪」「脂肪肝」
  • 中性脂肪:血液中のもの、蓄えられてるものの2種類あり、エネルギーになりやすい脂質

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事があなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-ボディメイク, 健康
-,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5