ボディメイク

減量中の停滞を打破する「サイクルチート」のやり方【チートデイ】

✔︎この記事をで解決できるお悩み

• チートデイの目的を知りたい!

• 減量中の停滞を打破するチートデイのやり方を知りたい!

趣味筋肉
こんなお悩みを解決できる記事を書きました。

今回の記事は「ホンマでっか⁉︎TV」でおなじみ、骨格筋評論家の”岡田隆”准教授(バズーカ岡田)の書籍『除脂肪メソッド』を参考にしています。

 

減量中でも、『3日に1回、チートデイ』

 

「チートデイ」を行う頻度は、基本的に『1週間に1回』です。

ですが、今回紹介する『サイクルチート」という方法なら『3日に1回、チートデイ』を行っても減量できます。

 

この記事を読むことで、『誰もが必ず経験する、”減量中の停滞”』を打破することができます!

 

チートデイの「目的」

チートデイを行う目的は、『減量中に下がった代謝を、元に戻すため』です。

チートデイの「チート」には、だます、ウソ、反則などの意味があります。

 

人間の身体は生きていくために、『環境に対応できるように設計』されています。

ですので、摂取カロリーの低い食事を続けていると、身体は低いカロリーでも生活できるようになります。

この、低いカロリーでも生活できるように対応した状態が『代謝が下がった状態』で、いわゆる「停滞期」というものです。

 

「停滞期」になったときに、チートデイを行うことで、身体が刺激を受けて、再び代謝を上げようとします。

 

このような効果を得るために、『停滞期を打破する目的(身体をだます目的)』で、減量中の人は1週間に1回「チートデイ」を設けているのです

 

サイクルチートの「やり方」

「サイクルチート」を一言で説明すると、『摂取カロリーに”波”をつけて、代謝を落とさないようにするチートのやり方』です。

 

普通の「チートデイ」よりも、チートのタイミングを小刻みにして、摂取カロリーに変化をつけます。

変化をつけることにより、身体が低いカロリーに慣れることなく、減量をスムーズに進めることができます。

 

たとえば、3日に1回チートする場合、1日目と2日間は「低カロリー」にして、3日目に「高カロリー」にする。

これを繰り返します。

3日に1回ではなく、「4日に1回」でもいいでしょう。

チートデイで設定する、『1週間に1回よりも”短いスパン”』であればいいです。

 

「3日に1回」チートする場合の具体例

減量中の『1日の摂取カロリーのベース』が「2,500kcal」の人がいるとします。

この人は、3日間で「7,500kcal」摂取することになります。

 

ですので、この「7,500kcal」を3日間で分配します。

1日目と2日目 →「2,000kcal

3日目 →「3,500kcal

4日目と5日目 →「2,000kcal」

6日目 →「3,500kcal」

3日間のトータルで「7,500kcal」摂るようにする

 

このように、摂取カロリーに””をつけて、身体の代謝を落とさないようにチートするやり方が「サイクルチート」です。

 

サイクルチートの「メリット」

• 普通のチートデイよりも、頻繁に”ある程度の量”が食べられる

• 苦手な部位の日をチートデイにすれば、筋肥大の効果も望める

• 計算して食べるので、急激に体重が増えることがない

 

普通のチートデイと比べると、頻繁に”ある程度の量”を食べられるので、精神的に楽です。

たったの2日間頑張れば「チートデイ」です。

 

この日に合わせて、苦手部位のトレーニングを行えば、トレーニングに集中でき、トレーニング後のリカバリー(回復)やアナボリック効果も促進します。

ですので、減量中でも苦手部位の”筋肥大の効果”を望めます。

 

何でも食べるチートデイは、計算しないで食べるので、いわゆる「キレ食い」をしてしまうことがあります。

その結果、急激に体重が増えることがあります。

サイクルチートは、「キレ食い」を防ぐことができるので、計画通りに減量を進めることができます。

 

サイクルチートの「デメリット」

• 低カロリーの2日間は、集中力やパフォーマンスが落ちる

計算するのが面倒くさい

 

低カロリーの2日間は、空腹感もあり、集中力やパフォーマンスも低下します。

チートデイでたくさん食べたいからといって、低カロリーの2日間を『極端に低カロリーにする』のはやめましょう。

 

せっかくのチートデイなのに、計算するのは面倒くさいですよね。

サイクルチートは「チートしなくても大丈夫」「ジャンクな物は食べたくない」このような人にオススメの方法です。

 

まとめ

最後に、簡単にまとめておきましょう!

まとめ

• チートデイは、減量中に下がった代謝を元に戻すために行う

• サイクルチートは、摂取カロリーに”波”をつけて、代謝を落とさないようにするやり方

• サイクルチートは、頻繁にチートすることができ、苦手部位の筋肥大にも効果的

• サイクルチートは、「チートしなくても大丈夫」「ジャンクな物は食べたくない」というような人にオススメ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が、あなたのお役に立つことができたなら幸いです。

 

「ほかのチートデイのやり方も知りたい!」という方は、ぜひ下記の記事も読んでみてください!

チートデイで食べるものは『和菓子』一択!その理由とは!?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-ボディメイク
-, ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5