健康 栄養学

なぜガチトレーニーは「全粒粉」を選ぶのか?【全粒粉と小麦粉の違い】

 

まったくの別物

 

この記事を読むと分かること

  • 全粒粉と小麦粉の「違い」
  • 全粒粉が優れている部分
  • 小麦粉の「分類」
  • 全粒粉を摂取するときの「注意点」

 

趣味筋肉
こんなことが分かる記事を書きました。

筋トレ歴6年、2019年JBBFメンズフィジーク”県2位”

栄養の学校NNCやセミナー、書籍、論文などで「栄養学」を学んでいる、栄養オタクトレーニーです。

 

ガチトレーニーが「全粒粉」を選ぶ理由

あなたはハッキリと説明できますか?

 

もしかして「全粒粉のほうが体に良さそう」くらいで選んでいませんか?

 

そんな人でも、この記事を最後まで読めば「全粒粉が優れている理由」を理解することができます。

 

「全粒粉と小麦粉の違い」を理解したい人はぜひ、最後まで読んでみてください!

 

■全粒粉と小麦粉の違い

 

☆「全粒粉」

小麦をまるごと粉状にしたもの

全粒粉のほうがビタミン・ミネラル、食物繊維が豊富に含まれる

 

☆「小麦粉」

小麦の表皮と胚芽を除いた、胚乳部分を粉にしたもの

皮を剥いでいるので、微量栄養素は劣っている

 

「全粒粉」と「小麦粉」の違いは、「玄米と白米の関係」と同じ感じです。

 

玄米のほうがGI値が低くて、栄養価も豊富ですよね?

 

全粒粉と小麦粉も、全粒粉のほうがGI値が低くて栄養素も豊富です。

 

◎小麦粉の分類

 

「小麦粉」は、タンパク質の含有量によって3種類に分けられます。

 

  • 小麦粉(6.5〜8.5%)
  • 中力粉(8.0〜12.0%)
  • 強力粉(11.5〜13.5%)

 

粘り気やキメの細かさとかで、パンに使うのか、お菓子に使うのかなど分けられます。

 

◎全粒粉と血糖値

 

上記でも軽く説明しましたが、全粒粉と小麦粉では「GI値」が違います。

 

小麦をまるごと使用している「全粒粉」のほうが、圧倒的にGI値が低いです。

 

☆「GI値の違い」

  • 小麦粉:73
  • 玄米:55
  • 全粒粉:50

 

全粒粉は、GI値が低いで有名な「玄米」よりも、かなり低い数値です。

 

血糖値の上昇を気にする人は、全粒粉はオススメですね。

 

→ 関連記事「GI値(グリセミック・インデックス)って何?」」

 

■小麦粉と全粒粉の栄養価を比較してみた

 

ここまでの内容でも、全粒粉はかなり優秀な食材だと分かったと思います。

 

ここからは、さらに深堀りして「PFC」「ビタミン・ミネラル」を、写真を使って見ていきましょう!

 

◎小麦粉と全粒粉の「PFC」

 

☆「小麦粉」100gあたりのPFC

参考:https://calorie.slism.jp/101015/#foodDataDetail

 

「全粒粉」100gあたりのPFC

参考:https://calorie.slism.jp/101015/#foodDataDetail

 

全粒粉のほうが優秀な点

  • カロリーが少ない(40kcal)
  • タンパク質が多い(約1.5倍)
  • 糖質量が少ない(16.4g)

※ 脂質は1.2g多い

 

◎ビタミン・ミネラル、食物繊維が〇〇倍⁉

 

☆「小麦粉」100gあたりのビタミン・ミネラル、食物繊維

 

「全粒粉」100gあたりのビタミン・ミネラル、食物繊維

 

全粒粉のほうが優秀な点

  • ほとんどのビタミンが2〜4倍多い
  • ミネラルがかなり多い
  • 食物繊維が4倍以上多い

 

食物繊維が不足して、胃腸の環境が悪い人血糖値の上昇が肥満の原因になっている人

 

このような人は、小麦から全粒粉に変えるだけで、症状が改善する可能性もあります。

 

→ 関連記事「腸内環境を整える三種の神器」

 

◎全粒粉を摂取する際の「注意点」

 

全粒粉は優れた炭水化物ではあるものの、中身は「小麦」であることに違いありません。

 

ですので、「小麦アレルギー」の人は摂取しないようにしましょう。

 

また、小麦に含まれるタンパク質の「グルテン」が、体質的に合わない人もいます。

 

小麦を摂ると腸内環境が悪くなる人は、全粒粉も控えるのが無難でしょう。

 

→ 関連記事「グルテンフリーで体調が良くなるってホント?」

 

■まとめ【〇〇な人は全粒粉を選ぼう!】

 

今回は、全粒粉と小麦粉の違いについて解説しました。

 

小麦粉と比べて、全粒粉のほうが「PFCバランスも微量栄養素も優秀」ということが分かったと思います。

 

  • ガチトレーニー
  • 本気でボディメイクしてる人
  • 今すぐ生活習慣を変えたい人

 

このような人は、積極的に全粒粉を選ぶと良いでしょう。

 

◎要点まとめ

 

最後に簡単にまとめておきます。

 

要点まとめ

  • 全粒粉と小麦粉の関係は、玄米と白米の関係と似たようなもん
  • 全粒粉は玄米よりもGI値が低い
  • 全粒粉のほうがPFCバランス的にも微量栄養素的にも優れている
  • 小麦アレルギー、グルテンアレルギーの人は控える

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事があなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-健康, 栄養学
-, , ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5