栄養学 栄養素解説

最強の抗疲労物質「イミダゾールペプチド」とは?

 

仙豆の主成分は、おそらく「イミダゾールペプチド」

 

この記事を読むと分かること

  • 抗疲労物質「イミダゾールペプチド」とは?
  • イミダゾールペプチドの「効果」
  • βアラニン単体でもいいのでは?

 

趣味筋肉
こんなことが分かる記事を書きました。

筋トレ歴6年、2019年JBBFメンズフィジーク”県2位”

栄養の学校NNCやセミナー、書籍、論文などで「栄養学」を学んでいる、栄養オタクトレーニーです。

 

トレーニーの主なタンパク源「鶏むね肉」

 

「鶏むね肉は高タンパク低脂質なだけでなく、疲労回復の効果もある」

 

こんなこと聞いたことありませんか?

 

これは、鶏むね肉に含まれる「カルノシン」という「イミダゾールペプチド」の効果です。

 

この記事では、疲労回復の効果がある「イミダゾールペプチド」を分かりやすく解説しています。

 

ハードにトレーニングをしている、最近疲れが溜まっているという人は、読んで損はない記事です!

 

■最強の抗疲労物質「イミダゾールペプチド」とは?

 

イミダゾールペプチドは、「イミダゾール『ジ』ペプチド」です。

『ジ』なので、2つのアミノ酸からできてるアミノ酸ということですね。

※「モノ」→ 1つ、「ジ」→ 2つ、「トリ」→ 3つ

 

イミダゾールペプチドは、「βアラニン」「ヒスチジン」という2つのアミノ酸から組成されます。

 

「βアラニン」は少し前まで、食品扱いではありませんでしたが、食薬区分の改定でサプリとしても使うことが可能になりました。

 

また、国際スポーツ栄養学会(ISSN)では「βアラニンは安全で効果あり」と位置づけているエビデンスのある栄養素です。

 

国際スポーツ栄養学会(ISSN)「筋トレとサプリメントの報告」

 

そして「ヒスチジン」は、体内で合成することができない、9種類の必須アミノ酸のうちの1つです。

 

◎イミダゾールペプチドは体のある部分に存在する

 

何千kmも飛び続ける必要のある「渡り鳥」は、なぜあんなにスタミナがあるのか?

 

これを調べた結果、渡り鳥の羽の付け根に「イミダゾールペプチド」という物質が含まれていることが分かりました。

 

イミダゾールペプチドが「スタミナの役に立っているのでは?」ということで研究が進み、現在では抗疲労の効果があると実証されています。

 

つまり、たくさん動かす・使う場所に、スタミナの役に立つイミダゾールペプチドが多く存在しているということです。

 

◎企業だけでなく「産・官・学」での研究結果

 

「イミダゾールペプチドには、抗疲労の効果がある」と結論づけたのは、一企業での研究ではありません。

「産・官・学」が協力した上での研究結果です。

※ 産(企業)、官(行政)、学(学校)

 

元々、抗疲労の研究対象候補は、23種類ありました。

 

その中から、抗疲労の観点で研究対象が徐々に絞られていき、最終的に「イミダゾールペプチド」が残ったのです。

 

「産・官・学」の研究で、最終選考を勝ち抜いた「イミダゾールペプチド」は、最強の抗疲労物質と言えるでしょう。

 

■3種類のイミダゾールペプチド

 

イミダゾールペプチドは「βアラニン+ヒスチジン」ですが、ヒスチジンの部分が動物によって異なるため、名称も違います。

 

イミダゾールペプチドの種類は3つです。

  1. 魚・鳥など小動物に含まれる「アンセリン」
  2. 人間・馬・豚など大きな動物に含まれる「カルノシン」
  3. クジラに含まれる「バレニン」

 

◎動物によって組成が異なる

 

繰り返しになりますが、イミダゾールペプチドは「βアラニン+ヒスチジン」です。

 

βアラニンの部分は、どの動物でも同じですが「ヒスチジン」の部分は動物によって組成が異なります。

  1. アンセリン(小動物):「メチルヒスチジン」
  2. カルノシン(人間など大きな動物):「L-ヒスチジン」
  3. バレニン(クジラ):「トリメチルヒスチジン」

 

ヒスチジンの種類は異なるとは言ったものの、アンセリンもカルノシンもバレニンも、そこまで効果に差はないので気にしなくて大丈夫です。

 

3種類は”ほぼ同じ機能”を持っています。

 

◎イミダゾールペプチドの主な「効果」

 

イミダゾールペプチドの一番の効果は「抗疲労」効果です。

 

疲労は、肉体的疲労と中枢性疲労が連動して発生するものです。

「脳」が疲れれば「体」も疲れる、逆もまた然り。

 

しかし、イミダゾールペプチドは、どちらに対しても役に立つので「抗疲労効果がある」と言えるのです。

 

イミダゾールペプチドの「抗疲労」の詳しいメカニズムは解明されていませんが、間違いなく持っている「抗酸化能力」が疲労回復に役立っていると言われています。

 

→ 関連記事「老化の原因になる『酸化』とは」

 

◎そのほかの「効果」

 

イミダゾールペプチドには「抗疲労効果」以外にも、さまざまな効果があります。

  • 糖化を防ぐ「抗糖化作用」
  • 痛風の原因になる「尿酸」の排泄を促進
  • 「乳酸」を溜めにくくする
  • 体内の「pH」が酸性に傾くのを抑える など

 

これらの効果も、運動をする上で「疲労感の軽減」の要因になっています。

 

◎イミダゾールペプチドの「摂取量」

 

イミダゾールペプチドの摂取量は、1日に「2〜3g」です。

 

2〜3gならサプリメントで摂らなくても、食事からでも簡単に摂ることができます。

 

鶏むね肉100gあたりにイミダゾールペプチドを1g程度含んでいるので、毎日鶏むね肉を200〜300g食べればいいだけです。

 

「鶏むね肉を毎日食べるのはしんどい」

 

このような人は、豚肉やカツオなんかにもイミダゾールペプチドは多く含まれているので、他の食材から摂れば大丈夫です。

 

☆カルノシンとアンセリンの含有量一覧

食品の種類と(部位)

カルノシンの含有量(mg/100g)

アンセリンの含有量(mg/100g)

カルノシンとアンセリンの総含有量(mg/100g)

牛(もも)

262

3

265

豚(ロース)

899

29

928

豚(もも)

806

27

833

鶏(胸)

432

791

1223

鶏(もも)

153

315

468

カツオ

252

559

811

 

◎「βアラニン」単体でもいいのでは?

 

イミダゾールペプチドとして摂取しなくても「βアラニン単体」でもいいのでは?

 

結論から言うと、タンパク質をしっかり摂っている人ならβアラニン単体でもOKです。

 

タンパク質をしっかり摂れていれば、体内の「ヒスチジン」が不足することはありません。

 

ですので、βアラニン単体でも、十分な効果を得ることができるでしょう。

 

→ 関連記事「筋トレのパフォーマンスを上げるベータアラニンとは?」

 

■まとめ【やっぱり鶏むね肉は最強】

 

今回は、最強の抗疲労物質「イミダゾールペプチド」を紹介しました。

 

「鶏むね肉は、高タンパク低脂質なだけでなく、疲労回復の効果もある」

 

この意味は理解できましたか??

 

イミダゾールペプチドは、食材から簡単に摂取できる最強の”高疲労”物質です。

 

どうしても「鶏むね肉」を食べたくないという人でなければ、毎日鶏むね肉を食べることをオススメします。

 

◎「要点まとめ」

 

最後に簡単にまとめておきます。

 

要点まとめ

  • イミダゾールペプチドは、最強の抗疲労物質
  • βアラニンは安全で効果ありと結論づけられている
  • 「アンセリン」「カルノシン」「バレニン」どれでも効果はほぼ同じ
  • 鶏むね肉を毎日200〜300g食べれば、十分な効果を得ることができる

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事があなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-栄養学, 栄養素解説
-, , ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5