サプリメント 栄養学

賛否両論?!関節サポート系のサプリメントは効果があるのか?

 

あなたの関節をお守りします。

この記事を読むと分かること

  • 関節系のサプリメントは「効く」のか?
  • 機能性表示制度ってなに?
  • 巷で話題の「シグナルペプチド」とは

 

趣味筋肉
こんなことが分かる記事を書きました。

僕は筋トレ6年目、2019年JBBFメンズフィジークでは”県2位”でした。

オンラインサロンやセミナー、書籍、論文などで「栄養学」を学んでいる、栄養オタクトレーニーです。

 

ハードにトレーニングをしている人は、1度は”関節”を痛めたことがあると思います。

そのとき「関節系のサプリメントを摂ってみようかな?」と考えたはずです。

 

この記事を読めば、『関節系のサプリって本当に効くのかな?』という疑問を解決できます!

ぜひ最後まで読んでみてください!

 

関節系のサプリメントは効果があるのか?

 

関節系のサプリメントと言っても、たくさんの種類があります。

  • コラーゲン
  • グルコサミン
  • ヒアルロン酸
  • コンドロイチン

これらは、本当に「効く」のでしょうか?

 

■ 結論から言うと関節系のサプリは「効く」

 

結論から言うと、関節系のサプリメントの一部の商品は「効く」と言っていいでしょう。

なぜなら、ユーザーの体感ベースでも、科学的根拠ベースでも”効果が示されている”からです。

 

基本的に、食品に対しては「効く」という言葉は使ってはいけませんが、関節系の一部のサプリは「効く」と言えるレベルだと言えます。

 

■ 食品でも「効く」と言える商品がある

 

食品の中でも「効く」と言っていい商品があります。

それは、「特保(トクホ)」「機能性表示」の商品です。

 

「特保(トクホ)」の商品は、国から許可が出なければ販売することができません。

ですので、コンビニとかで売られている”トクホの飲料”などは「何かしらの効果がある」と、国が認めた商品になります。

 

ちなみに「特保(トクホ)」を取得するには、1億円くらいかかるみたいです。

大手の企業しか取得できないわけです。

 

2015年から「機能性表示制度」がスタート

 

繰り返しになりますが、食品でも「効く」と言えるものはあります。

国が認めた、「特保(トクホ)」です。

しかし、「特保(トクホ)」を取得するには、莫大なお金がかかります。

 

その点、「機能性表示」は、そこまでお金がかかりせん。

「機能性表示」の許可は、消費者庁個別の許可を受けたものではありませんが、しっかりとした裏付け(論文)があり、正当な手続きを行えば、表示することができるというものです。

 

→ 消費者庁より『機能性表示制度』

 

■ 最高評価の”A評価”は「EPA」のみ

 

「機能性表示」は、特保(トクホ)と比べると、取得しやすいです。

また、機能性表示の食品の中には”ランク”があります。

 

その中で、最高評価の”A評価”の食品は「EPA(エイコサペンタエン酸)」だけです。

”国が初めて食品に効果を認めた栄養素”とも言えますね。

 

■ 「グルコサミン」は”B評価”

 

「ぐるぐるぐる、グルコサミン♪」

「世田谷育ちの、グルコサミン♪」

この歌で、有名になった「グルコサミン」は、”B評価”です。

 

”B評価”といっても、悪くはない、むしろ「効果あり」と言えるレベルです。

「十分に明確ではないけど、しっかりとした根拠はある」という感じですね。

これは、ユーザーの体感ベースではなく、科学的根拠ベースを消費者庁が調べたものです。

 

グルコサミンの1日あたりの推奨摂取量は、「1500mg」

より吸収しやすい、「N-アセチルグルコサミン」なら、1日に500mgの摂取で効果が出てきます。

 

ちなみに「BCAA」も、”B評価”です。

 

→ 厚生労働省より『グルコサミンとコンドロイチン』

 

■「ヒアルロン酸」は”C評価”

 

ヒアルロン酸は、”C評価”です。

「根拠は十分ではないけど、効果は示唆される、効果にバラつきがある」

このような評価になっています。

 

積極的に摂るほどでもないけど、”体感のある人”は摂取しても良い栄養素、といったところですね。

 

賛否が分かれる「コラーゲン」

 

上記で説明した、しっかりとした根拠がある「グルコサミン」は、関節で”スポンジ”のような役割をします。

一方「コラーゲン」の役割は、そのスポンジを”支える”というものです。

 

この「コラーゲン」も賛否両論って感じですね。

 

■ コラーゲン”意味ない派”の主張

 

”コラーゲン意味ない派”の人の主張

「コラーゲンを摂っても、アミノ酸まで分解されるから、摂っても意味がない」

というものです。

 

■ コラーゲン”賛成派”の主張

 

”コラーゲン賛成派”の人の主張

「コラーゲンの大半は、プロリン、アラニン、グリシンの3つのアミノ酸で作られている。コラーゲンを摂ることにより、コラーゲンの材料を摂っていることになる」

というものです。

 

■ 近年注目を集める「シグナルペプチド」とは?

 

「経口免疫寛容」という考えがあります。

体にとって有益なものは、分解しなくても体に取り入れようというものです。

 

もともと、分子量の大きいものは異物なので、受け入れないようになっています。

タンパク質はアミノ酸にまで分解され、炭水化物もブドウ糖まで分解され、最小単位になるまで、入ることはできません。

 

しかし、一部のペプチドに関しては、なぜか入れるものがある。

それが「シグナルペプチド」です。

 

■ 有名シグナルペプチド「非変性Ⅱ型コラーゲン」

 

有名なシグナルペプチドが「非変性Ⅱ型コラーゲン」です。

これは、軟骨から抽出したコラーゲンになります。

 

✔︎「非変性Ⅱ型コラーゲン」の役割

  • 体内に入って小腸にある、パイエル板というリンパ節に作用して、免疫を高める
  • 関節のスポンジを支える
  • 「関節を作りなさい」というシグナルを送っている

このような役割があると言われていますが、まだまだ研究の途中です。

 

グルコサミンと比べると、賛否が分かれるコラーゲンですが、これからいろんな企業が研究を進めていくのだと思います。

 

まとめ【関節系のサプリを飲む価値はある】

 

関節系のサプリは体感ベースでも、科学的根拠ベースでも、「効果あり」となってきています。

サプリメントに関しては、「自分には効果がある」「自分の身体に合っている」と思えば摂るべきです。

 

身体作りに熱心に取り組む、メジャーリーガーの”ダルビッシュ選手”もサプリメントについて

「科学的根拠がなくても、”体感”があるなら摂るべき」

と言っています。

 

ですので、関節系のサプリも、実際に摂ってみて”体感があれば継続”でいいと思います。

 

科学的根拠なんて、時間が経てば、「間違いでした」なんてこともよくありますしね。

関節に問題を抱えているなら、とりあえず試してみるのもアリだと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が、あなたのお役に立てたのなら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-サプリメント, 栄養学
-, , ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5