ボディメイク

「汗をかくと痩せる」はウソ?!【発汗とダイエットは関係ない】

 

ダイエットのとき、無駄に”汗をかく”のはやめませんか?

 

この記事で解決できるお悩み

•「汗をかくと痩せる」ってウソなの?

• 汗をかきやすい人ってどんな人?

 

趣味筋肉
こんな悩みを解決できる記事を書きました。

この記事は、東京大学教授、理学博士の”石井直方”氏の『筋肉まるわかり大事典』を参考にしています!

 

 

この記事を読めば、『ダイエットしたいから汗をかこう』というのは間違いだと分かります。

ぜひ最後まで読んで、汗とダイエットの関係を理解しちゃってください!

 

発汗とダイエットは関係ない

 

ダイエットをしたい人が、「サウナスーツ」を着てランニングしたり、「サウナ」に入ったりして、必死に汗をかいています。

ですが、その汗は”ハッキリいって無駄”です。

 

汗をかいても、一時的に水分が抜けるだけで、痩せる(体脂肪が減る)ことはありません。

ランニングのあと「体重が500g減った!」と喜んでも、水分補給をすればすぐに元通りになります。

 

『汗をかくと痩せるというのは勘違い』、ということを解説していきます。

 

「汗をかくと痩せる」はウソ?!

結論からいうと、「汗をかくと痩せる」というのは、間違っています。

なぜなら、「汗をかく」という身体の機能の目的は、あくまで『身体を冷やすための自然反応』だからです。

いわゆる「体温調節」です。

 

人間の身体の、約60%は「水分」です。

汗をかいたり、水分補給をしたりして『身体の水分量は、プラスマイナス4%』を保っています。

ですので、汗をかいて体重を減らしても、体脂肪が減っているわけではなく、水分が抜けているだけなので、すぐに体重は戻ってしまいます。

 

ボクサーや体重制限のある選手が汗をかいて減量するのは、その瞬間だけ体重を減らしたいからです。

一般の人が、汗をかいてダイエットしたところで、”ただの無駄な汗”になります。

 

「汗をかきやすい人」ってどんな人?

 

「太っている人は汗をかきやすい」という話、よく聞きますよね?

これも「太っているから汗をかきやすい」ということではありません。

 

繰り返しになりますが、汗をかく理由は「体温調節」です。

つまり、体内に熱がたまりやすい人が「汗をかきやすい人」ということです。

 

「太っている人」= 汗をかきやすい人ではなく、「体が大きい人」= 汗をかきやすい人が正解になります。

 

「体が大きい人」が汗をかきやすい人

体の大きい人は、体重あたりの表面積が小さくなります。

対して、体の小さい人ほど、体重あたりの表面積が大きくなります。

 

つまり、体の大きい人ほど「蓄熱」といって体に熱がたまりやすく、外に熱が逃げにくいということです。

 

ですので、体の大きい人ほど、余分に汗をかいて体を冷やす必要があり「汗をかきやすい人」になります。

 

まとめ

 

汗をかく = 痩せる

これが間違っている考え方だと理解できましたか?

 

この記事を読んだあなたは、これからの人生で『無駄な汗をかく必要がなくなった』と思います。

 

痩せたい人に、1番大事なことは「食事管理」です。

痩せたい人は、ダイエットの大原則『摂取カロリー < 消費カロリー』

これだけ守っておけば、誰でも確実に痩せることができます。

 

ですので、「汗をかくこと」よりも「食事管理」を大事にしましょう!

 

それでは最後に、簡単にまとめておきます。

まとめ

• ダイエットのために、汗をかこうとするのは”無駄”

• 汗をかく機能は、身体を冷やす「体温調節」のため

体の大きい人ほど、汗をかきやすい

• 痩せるために1番大事なことは「食事管理」

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が、あなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

 

ダイエットをしたい人に1番大事なことは「食事管理」です。

『”食事だけ”変えることにより確実に痩せる』ことができます。

ダイエットしたい人はぜひ、こちらの記事を参考にしてみてください!

「マッスルデリ」これだけ食べておけば、絶対に痩せます!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-ボディメイク
-, ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5