ボディメイク

減量中はプロテインを飲まない方が良い!固形物の方が効果が上がる理由【筋トレ】

 

減量中は「プロテイン」よりも「固形物」の方が良いって聞いたけど、ほんと?
一般人

 

このような疑問を解決します。

 

✔︎ この記事を読むと分かること

・減量中は「プロテイン」よりも「固形物」の方が良い理由

・「プロテイン」の方が効果的なタイミングもある

 

趣味筋肉
「プロテイン」と「固形物」それぞれの”特徴を理解”することが大事です!



減量中はプロテインを飲まない方が良い

 

結論から言うと、

固形物を中心にプロテインも利用する”

これが最適な方法です。

 

「減量中はプロテインは飲まない方が良い」

「プロテインよりもリアルフードの方が良い」

こんなこと聞いたことあると思います。

 

ですが”トップビルダー”の人

プロテインしか飲まないという人もいます。

 

「プロテイン」と「固形物」はどちらもメリット、デメリットがあります。

 

ではなぜ「プロテインよりも固形物の方が効果的だ」と言われるのか?

3つの理由を解説してきます。

 

「固形物の方が効果的だ」と言われる”3つ理由”

・(1)DIT(食事誘発性熱酸性)の効果

・(2)咀嚼(そしゃく)の効果

・(3)空腹感を減らせる

 

これら3つの理由から「プロテインよりも固形物の方が効果的だ」と言われています。

1つずつ解説していきます。

 

(1)DIT(食事誘発性熱酸性)の効果

 

『DIT(食事誘発性熱酸性)』とは

食事をした後、何もしていなくても”代謝量が増えること”を言います。

 

食事を摂ると、消化してエネルギーを作り出します。

エネルギーを作り出す過程で、”体熱が発生し、カロリーが消費”されます。

このため食事をした後は、何もしていなくても代謝量が増えるのです。

 

この現象は、”食後4〜8時間”に渡って起こっています。

 

DIT』による消費カロリーは、摂取する栄養素で変わります。

・タンパク質・・・摂取カロリーの「約30%」

・糖質・・・摂取カロリーの「約6%」

・脂質・・・摂取カロリーの「約4%」

 

タンパク質は、糖質や脂質と比べると”DITが高く”なります。

タンパク質は、消化吸収、代謝の過程が複雑だからです。

 

・例1)タンパク質を「100kcal」摂取 → 消化の過程で「30kcal」消費される。

・例2)糖質を「100kcal」摂取 → 消化の過程で「6kcal」消費される。

・例3)脂質を「100kcal」摂取 →消化の過程で「4kcal」消費される。

 

つまり”タンパク質を中心”とした食事バランスにすれば、消費カロリーが増えて”減量の効率も上がる”と言うことです。

 

(2)咀嚼(そしゃく)の効果

 

レプチンが分泌する

咀嚼(そしゃく)をすると「レプチン」という”満腹中枢を刺激するホルモン”が分泌されます。

ガムを噛むと食欲が紛れるのは、「レプチン」が関係しています。

 

消化酵素が働く

咀嚼をすると「アミラーゼ」という、消化酵素を含む唾液が分泌します。

よく噛むことにより、胃腸の負担を減らすことができます。

 

脳の働きを活発にする

美味しい、まずい、固い、柔らかいなど感じる。

噛むときに筋肉を使うので、血液の循環が良くなる。

これらの理由で脳神経が刺激され、脳が活発化し、自律神経も安定します。

内臓脂肪を分解する効果のある「ヒスタミン」も分泌される。

 

(3)空腹感を減らせる

「固形物(リアルフード)」で摂れば、単純にお腹が満たされます

お腹が満たされれば、”空腹感によるストレス”も減るので、筋肉の分解を抑えることもできます。

 

「プロテイン」の方が効果的なタイミングもある?!

 

✔︎『プロテイン」の方が効果的なタイミング

・(1)スピーディーに栄養を吸収したいとき

・(2)タンパク質のみを大量に摂りたいとき

・(3)寝る直前の栄養補給

 

(1)スピーディーに栄養を吸収したいとき

「起床直後」 → 1日で、1番栄養が枯渇しているため。

「筋トレ直後」 → なるべく速く筋肉に栄養を届けたい。固形物だと、消化不良を起こす可能性もあるため。

 

(2)タンパク質のみを大量に摂りたいとき

肉や魚、卵はタンパク質の他にも余分な栄養も含まれる。

タンパク質のみを摂取したいときは「プロテイン」が1番良い。

 

(3)寝る直前の栄養補給

寝る直前に「固形物」を摂ると、消化不良を起こしたり、胃がムカムカして眠れなかったりする。

寝てる間は栄養が摂れないので、寝る直前の栄養摂取は「プロテイン」が最適。

 

「プロテイン」と「固形物」の”良いとこ取り”をしよう!

 

「プロテインは全く飲まない」と決めつける必要はありません。

 

プロテイン」→ 起床直後、筋トレ後、寝る直前

固形物」→それ以外

減量が停滞したり、空腹が我慢できなかったりする場合は、「全て固形物」にするのも1つの手です。

 

「プロテイン」と「固形物(リアルフード)」の特徴を理解して上手に使い分けましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-ボディメイク
-, ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5