栄養学 栄養素解説

『EAA』はプロテインの代わりにはならない?!『EAAパラドックス』とは

 

EAA』を飲んでいれば『プロテイン』って必要ないんじゃない?『EAAのみ』だと何か問題あるの?
一般人

 

このような疑問を解決します。

 

✔︎ この記事を読むと分かること

・『EAA』はプロテインの代わりにはならない理由

・『EAAパラドックス』とは

・『EAA』の正しい摂取方法

 

趣味筋肉
筋肉博士”山本義徳”先生効果で『EAA(必須アミノ酸)』のサプリメントがめちゃめちゃ流行っていますね!最後まで読んで、正しいEAAの知識を手に入れましょう!

 

『EAA』はプロテインの代わりにはならない?!

 

人間の身体に必要なアミノ酸は”20種類”あります。

体内で”合成できない”9種類のアミノ酸『必須アミノ酸(EAA)』と

体内で”合成できる”11種類のアミノ酸『非必須アミノ酸』の合計で20種類です。

 

『プロテイン』は、20種類全てのアミノ酸を含んだ”タンパク質”です。

 

これを見ると、「体内で合成できる非必須アミノ酸は必要ない」となりそうですが、そうではありません。

 

「高タンパク・低糖質食」を中心とした食事療法で目覚ましい実績をあげていて、多数書籍も執筆している

『”藤川徳美(ふじかわとくみ)”医師』はこのように言っています。

 

ポイント

「プロテインをやめて”EAAのみ”しかも大量に摂取すると、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンのアンバランスを引き起こす。その結果”うつ状態”や”軽躁状態(気分が上がったり下がったりする症状)”を引き起こす」

 

ではなぜ、EAAの大量摂取でこのような不調が起こるのか?

 

『EAA』の大量摂取で不調が起こる理由

 

人間の身体で合成できない『EAA(必須アミノ酸)』を大量に摂取すると

EAAパラドックス』が起こるからです。

 

『EAAパラドックス』を知るために、アミノ酸の基礎知識を説明していきます。

 

『EAA(必須アミノ酸)』9種類

EAA(必須アミノ酸)』は、体内で合成できないので、

食事から摂取する必要”があります。

  1. フェニルアラニン
  2. ロイシン
  3. バリン
  4. イソロイシン
  5. スレオニン
  6. ヒスチジン
  7. トリプトファン
  8. リジン
  9. メチオニン

『非必須アミノ酸』11種類

『非必須アミノ酸』は、

EAA(必須アミノ酸)』を原料に、体内で合成することができます

  1. アルギニン
  2. グリシン
  3. アラニン
  4. セリン
  5. チロシン
  6. システイン
  7. アスパラギン
  8. グルタミン
  9. プロリン
  10. アスパラギン酸
  11. グルタミン酸

『アミノ酸の桶の理論』

 

アミノ酸の桶の理論』というものがあります。

 

”桶”は複数の板がつながって、水がこぼれないようになってます。

1枚でも板が低くなっていると、そこから水がこぼれてしまいます。

 

『EAA(必須アミノ酸)』も、これと同じ理論です。

1種類でも不足したアミノ酸があると、”不足したアミノ酸に合わせたレベル”でしかタンパク質を合成することができません。

『アミノ酸スコア』というものが存在するのは、この『アミノ酸の桶の理論』があるためです。

 

「だから大量に必須アミノ酸を取ったほうが良い」ということになりそうです。

ですが、その前提条件として『非必須アミノ酸』があることを忘れてはいけません。

 

『EAAパラドックス』とは

非必須アミノ酸』は体内で合成できますが、「摂取しなくてもよい」ということではありません。

なぜなら、体内で合成される非必須アミノ酸は、”必須アミノ酸原料”にしているからです。

『非必須アミノ酸』を『EAA』から合成するより、食事やプロテインから『非必須アミノ酸』を摂取するのが1番効率的です。

 

『アミノ酸の桶の理論』は、体内に非必須アミノ酸が十分にあることを前提としています。

プロテインをまったく摂らずに”EAAのみ”を大量に摂取した場合、

EAAが”非必須アミノ酸の合成に浪費”され、体内のEAAが足りなくなってしまいます。

つまり、EAAの大量摂取は、EAA不足を引き起こすというEAAパラドックスが起きてしまうのです。

 

『非必須アミノ酸』は「体に必要のないアミノ酸」ではなく、「体に必要だが、必須アミノ酸から合成できるアミノ酸である」ということは覚えておきましょう!

 

『EAA』の正しく安全な摂取方法

 

「高タンパク・低糖質食」を中心とした食事療法で目覚ましい実績をあげていて、多数書籍も執筆している”藤川徳美(ふじかわとくみ)”医師によると

 

・EAAを1日10g以下 → 食事で十分に非必須アミノ酸を補えるので安全

・EAAを1日10g以上 → EAAの”5〜10倍プロテイン”が必要

 

このくらいが、”安全にEAAを摂取する方法”です。

 

プロテイン初心者、健康維持が目的の人は、無理してEAAを摂る必要はありません。

「タンパク質摂取の基本はプロテインである」ということは忘れないでください。

 

まとめ

まとめ

・EAAの大量摂取は『EAAパラドックス』を引き起こす

・『EAA』はプロテインの代わりにはならない

・『EAA』を、1日10g以上摂る場合、EAAの5〜10倍のプロテインが必要

・タンパク質摂取の基本はプロテインである

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!|月間1万PV以上

-栄養学, 栄養素解説
-, ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5