サプリメント 栄養学

【サプリオタクが教える】サプリメントが持つ”2つ”の役割とは

 

これであなたも「サプリメントマスター」

この記事を読むと分かること

  • サプリメントの2つの役割
  • 休止期って必要?

 

趣味筋肉
こんなことが分かる記事を書きました。

筋トレ6年目、2019JBBFメンズフィジーク2

オンラインサロンやセミナー、書籍、論文などで「栄養学」を学んでいる、栄養オタクトレーニーです。

 

あなたは、サプリメントが持つ役割を知っていますか?

 

サプリメントは栄養補助食品なので、基本的には「足りない栄養があるとき」に摂取するものです。

 

ですが、「栄養」としての役割以外でも、効果を発揮するサプリがあります。

 

この記事を読めば、『栄養補助以外の働きをもつサプリ』を理解することができ、あなたのサプリメンテーションに役立つことでしょう!

 

サプリメントが持つ”2の役割とは

 

サプリメントは「栄養補助食品」なので、「すべてのサプリは、栄養としての価値しかない」、と多くの人に思われています。

 

しかし「栄養の価値」以外にも、ほかの役割を持つサプリメントもあるのです。

 

✔︎ サプリメントが持つ”2の役割

  • 栄養学的な価値を持つサプリ(栄養
  • 生理学的な価値を持つサプリ(機能

 

「栄養学的な価値(栄養)」を持つサプリ

 

「栄養学的な価値」を持つ、代表的なサプリにプロテインがあります。

 

プロテインは、タンパク質をパウダー状にしたもので、「ただの栄養」です。

ですので、飲んだだけで筋肉がつくような効果はありません。

 

プロテインを飲むことは、肉や魚を食べることと、同じことなのです。

 

また、EAA(必須アミノ酸)も、プロテインと同じで、栄養としての価値しかありません。

 

多くのサプリメントは、この「栄養の価値」を持つサプリメントに分類されます。

 

「生理学的な価値(機能)」を持つサプリ

 

生理学的な価値(機能)を持つサプリメントを「エルゴジェニックエイド」と呼びます。

 

エルゴジェニックエイドは、身体の材料になるような「栄養」ではなく、身体能力を向上させるような機能を持つサプリです。

 

代表的なものには、「クレアチン」があります。

クレアチンは、マックスパワーの持続時間が長くなるなど、「機能を向上」させるものです。

 

また「カフェイン」も、覚醒作用、脂肪分解、鎮痛効果など、「機能を向上」させるものです。

 

人間はこれらを摂らなくても、健康的に生きていくことができます。

「栄養」以外の「機能の価値」を持つサプリメント、それが「エルゴジェニックエイド」です。

 

「中間的な働き」をするサプリ

 

「栄養」と「機能」の中間的な働きをするサプリメント、というのも存在します。

 

BCAAなんかは、中間的な働きをするサプリです。

BCAAは必須アミノ酸なので、「栄養」として価値があるのですが、

  • 集中力が上がる
  • 乳酸を溜めないエネルギーになる など

「機能」としての価値もあります。

 

他にもビタミンなんかも、中間的な働きをする栄養素です。

ビタミンは五大栄養素の一つなので、「栄養」としての価値があります。

たとえば、「ビタミンC

ビタミンCを大量に摂ると、免疫力が向上するなど「機能」としても働きます。

 

つまり、サプリメントには,"大きく2種類"あって、中間的な働きをするサプリもあるということてす。

 

摂取タイミングの重要性

 

サプリメントは、足りない「栄養」を補うために摂るものです。

 

そもそも体内に「栄養」がないと、「機能の価値」のサプリを摂っても、効果を発揮できません。

 

「機能の価値」のサプリは、「栄養」という土台があってこそ効果を発揮します。

 

ですので、まずは、『体内の栄養の土台を整えることが必要』ということを、頭に入れておいてください。

 

「エルゴジェニックエイド」はタイミングが大事

 

プロテインなどの「栄養」は、いつどのタイミングで摂っても、効果に大差はありません。

しかし、エルゴジェニックエイドのサプリは『摂取タイミング』が超大事です。

 

たとえば、覚醒作用を目的にカフェインを摂るとします。

摂取して30分後くらいから効果が出てきて、45時間もすれば、効果は完全になくなります。

 

カフェインに限らずですが、エルゴジェニックエイドのサプリは、基本的に摂取タイミングが超大事です。

 

サプリメントに「休止期」は必要なのか?

 

結論から言うと、エルゴジェニックエイドのサプリは、休止期をとったほうがいいです。

 

なぜなら、サプリを摂ったことによる「身体能力の向上が、体感できなくなる」からです。

 

体内に「機能」を向上する栄養素がある状態が「ふつう」になり、「慣れ」てしまいます。

 

しかし、休止期を設けず摂り続けても、耐性がついて「効かなくなる」わけではありません。

 

ですので、"体感を得たい人"は、「休止期」をとったほうがいいでしょう。

 

まとめ【役割を理解して使い分ける】

 

サプリメントの役割は、大きく2つです。

 

「栄養としてのサプリ」

機能としてのサプリ」

 

これらを理解して使い分けることができれば、サプリの効果を最大限に得ることができるでしょう。

 

要点まとめ

 

最後に、かんたんにまとめておきます。

 

ポイント

  • サプリは「栄養としての価値」「機能としての価値」この2種類に分類できる
  • 栄養と機能の「中間的なサプリ」もある
  • まずは「栄養」のサプリで"身体の栄養の土台"を作ることが大事

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が、あなたのお役に立つことができたのなら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

筋肉・栄養オタク|2019年JBBFフィジーク県2位|フィットネスライター|筋トレ初心者でも”即実践可能な栄養学”を発信|健康的にバルクアップ・ダイエットしたい人向けの栄養記事を書いてます!

-サプリメント, 栄養学
-, ,

© 2022 趣味筋肉ブログ Powered by AFFINGER5