食事、栄養

最強の抗酸化物質の『ビタミンE』の効果とは?【メガビタミン】

✔︎ この記事を読むと解決できる悩み

•『ビタミンE』ってなに?

•『ビタミンE』の効果を教えて欲しい

•『ビタミンE』のオススメのサプリや摂取方法が知りたい

 

趣味筋肉
こんな悩みを解決できる記事を書きました。

今回の記事は、「高タンパク・低糖質食」で目覚ましい実績を上げている”藤川徳美”医師の書籍『メガビタミン健康法』、筋肉博士”山本義徳”先生の書籍『アスリートのための最新栄養学(下)』を参考にしています。

 

「人生100年時代」と言われる今、『健康』は最も大切なことの1つです。

「発見されたすべての病気を治す」とまで言われている『ビタミンE』を知っておいて損はないと思います。

 

この記事を読むと、「ビタミンEって誰にでも必要なんだ!」となりますので、ぜひ最後まで読んでください。

『メガビタミン』のやり方を知りたい人はこちら

 

『ビタミンE』〜子宝と若返りの抗酸化ビタミン〜

『ビタミンE』は別名『トコフェロール』といいます。

 

ギリシャ語で「トコ=子供を産む」、「フェロ=力を与える」という意味です。

つまり「妊娠・出産の力を与える」というのが『トコフェロール(ビタミンE)』なのです。

 

『ビタミンE』は、不妊を防ぐビタミンとして発見されましたが、その後、強力な”抗酸化作用”があることが発見されました。

 

ビタミンEは「天然型のD型」を選ぼう

脂溶性ビタミンの『ビタミンE』は大きく分けると、『トコフェロール』と『トコトリエノール』の2種類があります。

 

そして、それぞれに「α(アルファ)」「β(ベータ)」「γ(ガンマ)」「δ(デルタ)」があり、合計8種類です。

 

さらに、天然型の「D型」と、合成型の「DL型」があります。

人体に使えるのは天然型の「D型」です。

※「ビタミンB」と「ビタミンC」は合成でも問題ないです。

 

サプリメントを選ぶときは、「天然型のD型」のD-α トコフェロール』というものを選びましょう。

『ミックストコフェロール』も高評価

天然型のビタミンEである「D型」の4種類は、未だに未知の部分が多いです。

『ビタミンE』といえば、基本的に「D-α トコフェロール」のことをいい、多くの人が薦めているものです。

 

ですが、最近になって同じ天然型の「D-γ トコフェロール」が”ガン細胞を死滅させる”などの報告も多くなっています。

また「D-δ トコフェロール」の”抗酸化作用”が強いという報告もあります。

 

そのため、”藤川徳美”医師は4種類の天然型トコフェロールの入った「ミックストコフェロール」を推奨しています。

最強の抗酸化物質の『ビタミンE』の効果とは?

・(1)血行を改善する

・(2)運動能力が向上する

・(3)ホルモンを活性化させる

・(4)あらゆる病気の予防や治療に役立つ

(1)血行を改善する

ビタミンEを摂取することにより、血液を固める作用のある「トロンボキサン」を減少させます。

また、血管の膜を守って動脈硬化の予防や改善をし、老化を防ぎます。

そのため、ビタミンEは「若返りホルモン」とも言われています。

(2)運動能力が向上する

運動をすると多くの酸素を体内に取り込み、取り込んだ酸素の”43%”は、自動的にラジカル化(酸化)します。

そのため、体内に「過酸化脂質」という物質が増え、通常は「ゴム管」のような血管が、「鉄管」のようになってしまうのです。

この「過酸化脂質」が血管などの生体膜の柔軟性を奪い、機能が衰えていきます。

 

ビタミンEには、ラジカル化(酸化)を防ぐ、”抗酸化作用”があります。

ですので、ビタミンEを摂取すると、体内で酸素を有効に使うことができ、血行改善の効果と相まって”心肺機能を向上”させる作用が期待できるということです。

(3)ホルモンを活性化させる

ビタミンEの摂取で『テストステロン』を増やすことができます。

テストステロンは「コレステロール」から作られます。

コレステロールからテストステロンに変換されるまでの過程でビタミンEが使われます。

『テストステロンを増やす5つの方法』はこちら

(4)あらゆる病気の予防や治療に役立つ

ビタミンEは「発見されたすべての病気を治す」とも言われています。

シュート兄弟の研究と報告

1936年 狭心症を改善

1940年 子宮内膜症、繊維種、動脈硬化病変を改善

1945年 皮膚や粘膜の出血を改善、糖尿病患者において、インスリンの必要量を減らす

1946年 外傷や火傷の治療を促す、間欠性跛行、急性腎炎、血栓症、肝硬変、静脈炎、不整脈を改善

1947年 壊疽(えそ)、バージャー病(血管炎)、網膜炎、脈絡網膜炎を改善

1948年 全身性エリテマトーデス、息切れを改善

1950年 静脈炎、重症の火傷に効果がある

このほかにも、てんかん、吸収不良症候群、クローン病、免疫機能向上、抗加齢、がん、冠動脈疾患など「すべての疾患の死亡率を下げる」という結果もあります。

『ビタミンE』の摂取方法

ビタミンEには、天然型の「D型」と、合成型の「DL型」があります。

人体に使えるのは天然型の「D型」です。

安いサプリメントには「DL型」のものもあるので注意が必要です。

 

多くの研究では天然型の「D型」、「D-α トコフェロール」というものを使っています。

ですが、最近では「D-γ トコフェロール」や「D-δ トコフェロール」も効果が高いと評価されています。

ですので、天然型の4種類のトコフェロールを含んだ『ミックストコフェロール』を選びましょう。

→ オススメの『ビタミンE(ミックストコフェロール)』はこちら

 

また、「トコトリエノール」も非常に強い”抗酸化作用”がある、と分かってきました。

ですので、「トコフェロール」と「トコトリエノール」の8種類を含むビタミンEの『フルスペクトラムビタミンE』選ぶのもオススメです。

ですが、非常に良いものですが、入手しにくく高価です。

”山本義徳”先生は『フルスペクトラムビタミンE』を推奨しています。

→ オススメの『ビタミンE(フルスペクトラムビタミンE)』はこちら

 

オススメの摂取量

1日1回、脂質の多い食事と一緒に摂りましょう。

※ビタミンEの「過剰症」は”ほとんど見られない”とされています。

『ミックストコフェロール』の摂取量:「400〜800IU

『トコトリエノール』の摂取量:「50〜100mg

健康になりたい人は『メガビタミン』を実践しよう

私たちが、普段の食事から摂取できている『ビタミンE』の量は「12IU」と言われています。

厚生労働省の定める推奨摂取量』は「22IU」です。

 

ですが、この量はアンチエイジングや、治療量には全然足りません。

オーソモレキュラーの医師は、心疾患に対しては「3,000IU」まで使用しています。

※オーソモレキュラーとは、適切な食事やサプリメント、点滴、糖質制限を用いて様々な病気を治す医療のことです。

 

健康のためには、『ビタミンE』だけでなく、他のビタミン・ミネラルも重要です。

人生100年時代を、健康に生きたい人は『メガビタミンのやり方を紹介(メガビタミン健康法』目を通しましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

『筋トレは人生を豊かにするための1つのツール』 サラリーマン(9年目)筋肉(6年目) 筋肉仲間に向けて始めた、筋肉リテラシーを上げるためのブログを毎日更新中! JBBF2019フィジークでは雰囲気とポージングで”県大会2位”になりました。

-食事、栄養
-, , ,

© 2021 『趣味筋肉ブログ』 Powered by AFFINGER5