食事、栄養

意外と知らない『ビタミン』について。「代謝」「酵素」「補酵素」とは

✔︎ この記事を読むと解決できる悩み

『ビタミン』って体内でどんな働きをしているの?

『ビタミン』ってどのくらいの“量“を摂ればいいの?

野菜は食べる必要ないって聞いたけどほんと?

趣味筋肉
こんな悩みを解決できる記事を書きました。

今回の記事は、筋肉博士”山本義徳”先生の書籍『アスリートのための最新栄養学(下)』を参考にしています。

 

この記事を読むと、「ビタミンが体内でどんな働きをしているのか」サクッと理解できますよ!

最後まで読んだあなたは「マルチビタミンを買おう!」と言っていると思います!

 

そもそも『ビタミン』ってなに?

✔︎ 『ビタミン』Wikipediaより

生物の生存・生育に微量に必要な栄養素のうち、その生物の体内で十分な量を合成できない炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称である(なお栄養素のうち無機物はミネラルである)。

Wikipediaより

 

これだと分かりづらいですよね。

簡単に言うと、「炭水化物」「タンパク質」「脂質」以外で、人間が生きていく上で必要な栄養素です。

 

人間に必要な栄養素を『5大栄養素』と言います。

そのうちの“1つ“が『ビタミン』です。

『5大栄養素』は、「炭水化物」「タンパク質」「脂質」「ビタミン」ミネラル」です。

 

今回は、その中の『ビタミン』について解説していきます。

 

『ビタミン』がないと“代謝“が悪くなる

私たち人間は、“生きていくため“に食事をします。

そして、食事を消化したり、エネルギーを作ったり、筋肉や骨、内臓の細胞を常に新しく入れ替えたりと、いろんな生体反応が起きています。

この一連の流れを『代謝』といいます。

 

「代謝」に必要なのが『酵素』

「代謝」という一連の流れに必要になるのが『酵素』です。

『酵素』にはたくさんの種類があります。

 

みなさんがよく聞く、「消化酵素」や「抗酸化酵素」、「エネルギーを合成する酵素」、「DNAを複製する酵素」など、たくさんの種類があります。

それらの酵素は『タンパク質』から作られます。

 

そのため、「酵素」を作ってスムーズな「代謝」を行うためには、十分な量の“タンパク質“を摂る必要があります。

 

「酵素」の生成に必要なのが『ビタミン』

「酵素」は“タンパク質から作られる“と言いましたが、「酵素」は単体だと、うまく“化学反応“を起こすことができません。

 

そこで、“化学反応“をうまく起こすために必要になるのが『補酵素』です。

そして、この「補酵素」の多くが『ビタミン』ということです。

 

たとえば「ビタミンB6」は、「アミノ酸」の代謝で“補酵素“として働きます。

つまり「ビタミンB6」が不足した状態だと、スムーズに「アミノ酸」の代謝を行うことができないということです。

 

「タンパク質を大量に摂っているトレーニーは、ビタミンB群が大量に必要だ」というのは、このためです。

 

『ビタミン』が“大量に必要“な理由とは?

ビタミンは、厚生労働省で”推奨摂取量”が決まっていますが、全員に当てはまるものではありません

 

たとえば、「この人は、ビタミンCは吸収の効率が悪いから、推奨量より多めに必要」

「でも、ビタミンB1は吸収の効率が良いから、推奨量より少なくても良い」など

 

が」「どのビタミンを」「どのくらいの量を」摂取したら良いのか分かりません。

 

「ビタミンは大量に摂取したほうが良い」理由を“2つの理論“から解説します。

 

『パーフェクトコーティング』とは

私たちの体内には、「自ら合成できるビタミン」や「食事から摂取したビタミン」が存在します。

 

しかし、代謝をスムーズに行うには「酵素」と「補酵素(ビタミンなど)」が、偶然うまい具合に出会わなければいけません。

そこで、出会う確率を上げるためには、「大量にビタミンを摂取すればよい」ということになります。

 

「酵素」と「補酵素」がうまく結びついて、“目的の物質ができるまで“の代謝のことをまとめて『コーティング』と言います。

 

そして、全ての代謝が滞りなくスムーズに行われ、目的の物質を作れるような状態を保っていくことを「パーフェクトコーティングと言います。

 

DNAによって(人によって)、ビタミンの必要な量は変わってきます。

ですので、自分には「どのくらいビタミンが必要か」というのは分かりません。

 

そのため「パーフェクトコーティング」にするためには、十分な量のビタミンを摂取する必要があるということです。

 

『ビタミンカスケード』とは

 

『カスケード』は”段々滝という意味です。

『ビタミンカスケード』を”ビタミンCに例えて”説明します。

 

滝の1番上から”ビタミンCの水”を流していきます。

最初の段で「コラーゲンの合成」に水が流れます。

2段目は「インターフェロンの合成」

3段目は「活性酸素の除去」

4段目で「鉄の吸収促進」

この後にまだ、「アルコールの分解」や「副腎皮質ホルモン合成」などが残っています。

ですが、上から流す”ビタミンCの水”が少ないと、カスケードの1番下までたどり着けません。

 

こうなるとこの人は、「怪我をしにくい(コラーゲンの生成)」「風邪や癌になりにくい(インターフェロンの合成)」ですが、

「アルコールの分解はできない」「ストレスに弱い(副腎皮質ホルモン合成ができない)」こういう人になります。

 

このカスケードの順番は『DNA』によって異なります。

 

「アルコールの分解」がカスケードの上の方にある人もいれば、「コラーゲンの生成」が下の方にあり、怪我をしやすい人がいたりします。

 

この問題を解説する方法は1つです。

大量にビタミンCを摂取して、カスケードの1番下まで”ビタミンCの水”が流れるようにすれば良いということになります。

これが『ビタミンカスケード』の理論であり、『メガビタミン』が効果的な理由です。

 

『野菜』からビタミンを摂る“問題点“

 

みなさんが「ビタミン」を摂ろうとして食べるのは『野菜』だと思います。

ですが、現在の野菜には多くの問題点が存在します。

  • 農薬や除草剤の使用により、栄養そのものが減っている
  • 農薬や除草剤自体の悪影響
  • 現代の忙しい生活では、毎日自炊をするのは大変
  • 十分な量のビタミンを食事から摂取するのは不可能(ビタミンCを1g摂ろうとしたらレモンを1kg食べなきゃならない)
  • 無農薬の野菜など、栄養が豊富な野菜は高価なのでお金がかかる
  • 野菜自体に、外敵に食べられないようにするために「アク」など毒性のものが入っている

 

これらのことから、食事で必要な量のビタミンを取ることは諦めたほうが良いです。

毎日、安定的にビタミンを摂るために、マルチビタミンの『サプリメント』を活用しましょう。

→ オススメの『マルチビタミン』はこちら

 

ビタミンは『マルチビタミン』から摂ろう!

『ビタミン』は体内で、とても重要な働きをしています。

不足すれば、代謝がスムーズに行われなくなり、身体に不具合が出てきます。

 

そして、野菜から『ビタミン』を摂るのは“不可能“だと分かったと思います。

『マルチビタミン』を摂取すれば、ビタミンが足りなくなる不安も無くなります。

ぜひ『オススメのマルチビタミン』から、自分に合った商品を見つけてください!

 

より健康になりたい人、アンチエイジングに興味のある人は、こちらの『メガビタミンのやり方』の記事も目を通してみてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味筋肉(しゅみきん)

『筋トレは人生を豊かにするための1つのツール』 サラリーマン(9年目)筋肉(6年目) 筋肉仲間に向けて始めた、筋肉リテラシーを上げるためのブログを毎日更新中! JBBF2019フィジークでは雰囲気とポージングで”県大会2位”になりました。

-食事、栄養
-,

© 2021 『趣味筋肉ブログ』 Powered by AFFINGER5